教育・医療・Biz 明日のマナビ

iPadで“思考センス”を育てる「Think! Think!」

文●山田井ユウキ

「Ed Tech」の最新事情。教育の在り方を一変させる注目のプロダクト&サービスに注目。

「学力」とは何か。知識、計算力、記憶力……学力を構成する力はさまざまあるが、その根幹となる能力は何なのだろう。そして、それを子どもたちに身につけさせるためには、どうすればいいのだろう。明確な答えのないこの難題に、数多くの教育者が挑み続けてきた。

iOSデバイスでリリースされている教材アプリ「シンクシンク(Think! Think!)」を開発した株式会社花まるラボの代表取締役・川島慶氏も、そんな挑戦者の1人だ。東京大学在学中から花まる学習会で児童教育に携わり、同塾を運営する株式会社こうゆう代表の高濱正伸氏とともに、算数脳パズル「なぞぺー」シリーズを執筆。以降、10年間教育事業一筋でやってきた。

 

 

  • 2720246ad2fdc0bfc4ac38488e4cb11e.jpg

06b978083161ab9b631a833736a86617.jpg

Think! Think!(シンクシンク)

【発売】花まるラボ
【価格】無料
【場所】App Store>教育
【URL】https://think2app.hanamarulab.com/

空間認識や平面図形などの問題を通じて、子どもの「思考センス」を育むことができる教材アプリ。代表の川島氏を中心とする東大卒精鋭チームによる8000題以上の高品質な問題に、子どもたちはスマートフォンやタブレットでチャレンジすることができる。全世界を対象とした「Google Play Awards 2017」のKids部門では、国内アプリとして初めてファイナリストに選出された。

 

 

シンクシンクの開発に取り組むきっかけとなったのは、児童養護施設での学習支援の経験だったと川島氏はいう。経済的・文化的に恵まれた子どもたちがいる一方で、家庭環境などの影響からそもそも意欲を持てない子どもたちもたくさんいることを知り、この「意欲格差社会」をどうにかしたいと考えるようになった。

そこで川島氏が開発したのが、楽しみながら学習できる教材・シンクシンクだった。学生時代に執筆した「なぞぺー」シリーズをヒントに、最初は紙で作成し、実際に国内外の教室で活用したところ、生徒や保護者から大きな反響があった。「これならいける」と手応えを感じた川島氏は、2014年に花まるラボを起ち上げて、本格的にシンクシンクの開発に着手することにした。

 

8000題以上の問題が無料で楽しめる

  • 43fa75ebec065c5403e2ced9cb530744.jpg

 

  • 063985292f4ff6c85d7835c787f49804.jpg

「Think! Think!」には、8000題以上の高品質な問題が収録されている。問題を作成するのは、算数脳パズル「なぞぺー」シリーズの執筆を手掛け、花まる学習会「思考力特別講座」のカリキュラムを考案した川島慶氏率いる東大卒精鋭チームだ。問題数は無料とは思えないスピードで増え続けている。

 

デジタルならではの「動き」で子どもの理解が進む

  • a06e3c54636e375a73ccfcd1c7ab04e4.jpg

 

  • 797aae036aad880bd7578a4875a49c76.jpg

図を使った問題は、「動き」が見えることでより理解が早まる。「Think! Think!」はデジタル媒体の特性を活かし、回答がアニメーションで提示される。予想した答えが合っているかどうかが実際の動きで確認できるため、子どもたちにとってもイメージしやすいのだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧