アラカルト Macの知恵の実

なぜコンビニでApple Payを使わないの?

文●牧野武文

フリーライター・牧野武文氏が消費者目線でApple周りの事象を独自の視点で考察。

アップルペイにスイカ(Suica)を入れて、交通機関を利用している人は着実に増えている。しかし、コンビニなどの実店舗での決済ではあまり使われていないようにも見える。その理由は、現在のコンビニレジがアップルペイに最適化されていないのが大きいのではないだろうか。なぜ多くの人がコンビニでのアップルペイ利用に積極的ではないのか? これが今回の疑問だ。

 

アップルペイが広まらない理由

アップルペイ+スイカの組み合わせは確実に普及している。2017年の決算発表会でも、ティム・クックCEOは「日本では50万人以上がアップルペイで交通機関を利用している」と発言した。実際にiPhoneやアップルウォッチ(Apple Watch)で改札を通過する人を、よく見かけるようになっている。しかし、商店での決済ではどうか。試しに何回か使ってみたが、最近は使っていないという人も決して少なくないのではないかと思う。統計の数字があるわけではないが、少なくとも「広く使われている状況」であるとは言えないのが実感だ。

商店でのアップルペイ決済が広がらない理由。それは、現在のPOSレジのオペレーションが現金払いに最適化されていて、アップルペイの支払いが実際よりも「面倒」なものに見えてしまうからだ。特に初めて利用する際にはわかりにくく感じられてしまう。アップルペイでの決済は、「①アップルペイが利用できる店であることを確認する」→「②アップルペイで支払うことを告げる」(このステップは省略可能)→「③クイックペイ(QUICPay)またはiD、スイカのいずれで支払うかを告げる」→「④店員がレジのカード種別ボタンを押す」→「⑤iPhoneをカードリーダにかざす」という手順となる。

確かに、この一連の流れで支払い方法を告げる部分は現金払いよりも手順が多い。その理由は、日本のクレジットカードと電子マネー決済に特有な仕組みにある。アップルペイにはクレジットカードが登録できるが、日本で普及しているフェリカ(Felica= NFC TypeF)カードリーダに合わせるため、フェリカ対応の電子マネー(iD、クイックペイ)がウォレット内部に生成される。つまり、直接クレジットカードで決済をするのではなく、内部のフェリカ対応電子マネーで決済が行われ、この電子マネーが登録したクレジットカードに代金を請求するという2段階方式になっているのだ。

しかし、なぜA社のカードがiDで、クイックペイではないのかという理由はA社の契約の問題で合理的な法則はない。利用者は自分のカードがどの電子マネーに変換されるのかを覚えておき、毎回レジで申告することに心理的な負担を感じているのかもしれない。

しかも、電子マネーには「iD」(アイディー)と「Eddy」(エディー)という聞き間違えやすい名称がある。コンビニによっては「iDでお支払いですね」という復唱がマニュアル化されている。

 

自動判別は技術的には可能

誰もが思うのは「iPhoneやアップルウォッチをかざすだけで、レジ側でカード種別を自動判別できないの?」ということだろう。カード番号の上位桁はカードの種類ごとの割り当てがあるので、これを利用すればレジ側で自動判別することは技術的には可能だ。

しかし、現実には自動判別レジが登場することはないだろう。アップルペイや「おサイフケータイ」などでは、複数の電子マネーを格納できる。この場合、利用者が意図しないカードに反応して、決済が行われてしまう危険性があるからだ。

アップルペイの場合、使いたいカードをメインカードに設定しておく、あるいはウォレットでそのカードを前面に出してから決済すればよいのだが、その操作を間違えて意図しないカードで決済してしまった場合に、店側が返金処理に応じることもあるだろう。

その場合、店舗では電子マネーをチャージバックする方法がないので、現金で返金するしかない。レジ締めの際に、この返金分の扱いは例外処理となり、スタッフにとって面倒な作業になる。それよりは口頭でしっかりとカード種別を確認して、指で確実にボタンを押して支払いトラブルを起こさないようにしたいと考えるはずだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧