Command+Eye Command+Eye

名刺管理のパイオニアが目指す「名刺がいらなくなる世界」

シェアNo.1のSansanが見据えるビジネスの未来

文●山田井ユウキ

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

「それ、早く言ってよ~」のTVCMでもおなじみ、名刺管理サービスのSansan株式会社。法人向けに「Sansan」、個人向けに「Eight」を提供しており、名刺管理にイノベーションをもたらした。そんな同社が見据える未来は、意外にも「名刺がいらなくなる世界」だという。

 

名刺をビジネスにして10年

「それ、早く言ってよ~」と俳優の松重豊さんがユーモラスにぼやくテレビCMをご覧になった方も多いだろう。クラウド名刺管理ソリューション「Sansan」と「Eight」を提供するSansan株式会社が業界の内外から注目を集めている。前者は法人向け、後者は個人向けのサービスで、いずれも名刺をデジタル化し、クラウドで管理するというものだ。なぜSansanは名刺管理に着目したのだろうか。また、今後の名刺のあり方がどうなっていくと考えているのだろうか。それを紐解くためには、Sansanのこれまでの歩みを知る必要がある。

 

  • a940d48ca69cdba55a0a9521f9bfd0e1.jpg

Sansan株式会社は2007年創業、クラウド名刺管理サービス「Sansan」と、個人向け名刺アプリ「Eight」を提供している。名刺管理のパイオニア企業であり、Sansanは業界シェア約80%、導入企業は6000社を超える。また、個人向けのEightは200万ユーザに利用されている。

 

Sansanの創業は2007年。同年に名刺管理サービス「リンクナレッジ(Link Knowledge)」をリリースし、2012年には個人向け名刺管理アプリとして「Eight」をリリースしている。その後の翌2013年にリンクナレッジは「Sansan」という名称に変更。しかし、基本的な機能と思想は創業当初から常に一貫している。

それは名刺をデジタル化し、クラウドで管理することにより、「働き方を革新する」こと。その背景には、日本の名刺文化が持つ課題があったとSansan株式会社・ブランドコミュニケーション部広報担当の小池亮介さんは語る。

「せっかく名刺交換しても、その名刺は分厚いファイルに入れられたまま忘れ去られていないでしょうか。自分が持っていながら忘れていた名刺が、実は新たなイノベーションを生む人脈だったかもしれません」

名刺を管理できていないためにビジネスチャンスを失っているかもしれない─そんな課題に対するソリューションとして同社が出した答えが、名刺のデジタル化、そしてクラウドによる管理だった。

 

  • 56cc5d8482bbd3be513039889b79bf35.jpg

Sansan株式会社・ブランドコミュニケーション部広報担当の小池亮介さんは「目指しているのは名刺がいらなくなる世界」と話してくれた。

 

法人向けクラウド名刺管理サービス

 

  • d3e96951d85f83b37739031588c4d212.jpg

法人向けクラウド名刺管理サービス。2007年に「Link Knowledge」としてリリースし、2013年に「Sansan」へ名称変更。名刺をスキャンしてアップロードすると、自動認識とオペレーターの人力入力により名刺情報が100%の精度で登録される。登録した名刺情報をもとに、取引先や自社のニュースが流れてくるフィード機能や、相手が部署異動などした際に名刺情報が更新される機能なども搭載。さらに登録した名刺は社内で共有できるため、自分がこれからアプローチしたい相手と名刺交換した社員を探して紹介をお願いすることも可能だ。

管理機能

  • de3202d8d3caf7d0f0c5e82a2f589c76.jpg

社員がいつ誰と名刺交換したのかという情報を社内で共有することができる。メモを残すことで名刺に書かれていない情報も共有することができ、ビジネスでのアプローチに役立つことだろう。

 

メール一括配信機能

  • 382c2e84c4c63a0db68555fca6ec5906.jpg

登録された名刺のメールアドレスに一括でメールを配信することができる。氏名などの誤字がないことはもちろん、名刺情報は常に最新のものに更新されていくため、役職名などが古くなる心配もない。

 

個人向け名刺アプリ

 

  • 0257804e632d1f78f0b76ca0badb7a8b.jpg

個人向け名刺アプリ。2012年よりiOS、Android端末向けアプリケーションとして提供開始された。個人向けなので社内での共有機能などは省かれているが、ビジネスSNSとしての側面も持っており、ユーザ同士であればEightでつながることができる。名刺の登録方法はiPhoneで名刺を撮影するか、スキャナでスキャンすること(Sansanも同様)。これもSansanと同じく、アップロードされた名刺は各情報が分解された状態でオペレーターへと届くため、社名や肩書き、氏名などが紐付かず個人情報の観点からも安心して使うことができる。

メッセージ・スタンプ機能

  • 739611495f9e10dfa02dbb357bf4a6b8.jpg

名刺交換した相手もEightを使っている場合、Eight上でSNSのようにつながることができる。メッセージはもちろん、スタンプ機能を使えばよりカジュアルなコミュニケーションが可能だ。

 

電話帳連携機能

  • 2c27e1a87d5b6298463fa0db9ca46fbe.jpg

Eightに取り込んだ名刺の情報を、iPhoneの連絡先アプリに自動で登録できる機能。いちいち登録する手間もなくなり、名刺交換した相手に連絡帳アプリから直接電話ができる。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧