Command+Eye Command+Eye

次世代Macの新機能に関するヒントになるか?

iMac Proの「Apple T2」から未来を考察する

文●氷川りそな

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

MacBook ProやiMac Proに搭載が始まったAppleオリジナルのチップセット「Tシリーズ」。その存在が担う役割には現在何があるのか、そしてこの先に待っているものとは。分解写真やその内部で使われているフレームワークといった断片的情報から、Appleの真の狙いを紐解いていく。

 

謎の新型チップの正体

最先端技術を意欲的に取り入れ、プロ向けのワークステーションとして高い完成度を誇るiMacプロ。その内部に使われているテクノロジーやハードウェア設計の分析を行ったところ、謎が残るチップがあった。それが新たに搭載された「アップルT2(以下、T2)」である。

このT2は内部ハードウェアにおいて、どのような役割を担うのだろうか。アップル公式サイトによると「Macシステムに搭載されているさまざまなコントローラを再設計して統合したこのチップにより、Macが新しい能力を発揮します」と記載されている。

似たような役割を持つものにPCH(プラットフォーム・コントローラ・ハブ)チップがあるが、こちらはUSBなどの外部インターフェイス、ストレージなどのデータを統合し、CPUやメモリとのやりとりをサポート処理する目的で存在するものだ。T2はPCHではサポートされていないSMC(システム管理コントローラ)や画像信号プロセッサ、オーディオコントローラといった従来まで独立していたチップ群を統合するためにアップルが独自にデザインしたチップである。

T2はどれくらいのパフォーマンスを発揮するのだろうか。たとえば画像信号プロセッサであれば、フェイスタイムHDカメラと連係し、強化されたトーンマッピング、進化した露出コントロール、顔検出ベースの自動露出機能と自動ホワイトバランス機能といったものが使えるようになったという。

実際にロジックボードに搭載されたチップをチェックしてみよう。表面にはいくつかのナンバーが刻印されているが、そのうちのひとつに「H9HKNNNBRUMUVR-NLH」とある。これは、品番からSKハイニックス社製のLPDDR4メモリで、サイズは64GBであると推察される。これは汎用チップが持つサイズとしてはかなりの大きさであり、T2はただの統合チップセットではなく、より高度で複雑なオペレーションを実行することを期待して設計されていることを示している。

 

  • 81f7876c3ea7a5e37f5dbfc9d5f14c02.jpg

iFixitによるiMac Proの分解写真。ディスプレイに接する面にはプロセッサやメモリといった主要なチップモジュールは配置されておらず、すべて背面側に実装されている。 photo●iFixit.com

 

 

  • 4ae6b125478d057b4bf541813738fab2.jpg

T2チップに刻印された「H9HKNNNBRUMUVR-NLH」のモデルナンバー。紛れもなくSK Hynix社製のLPDDR4メモリが積層されていることを示す証拠だ。品番から使われているメモリはLPDDR4(1.1V/1.1V)3200Mbps、容量は64GB(16bitメモリを4積層)というスペックを持つと推察した。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧