プロダクト&リリース iなmono HARDWARE

4K時代のトライバンドルータ

文●松山 茂

回線の混雑をスマートに回避!「WTR-M2133HP」

4K動画を安定して視聴

終わりなきゴールを目指して延々と続いている我が家のWi-Fi環境改善活動。そんな中、自宅や小規模オフィスでの通信環境を改善できそうな製品が登場しました。それが、バッファローの新製品「WTR-M2133HP」です。

本製品は5GHz帯と2.4GHz帯の2つの電波を使ったデュアルバンドに、もう1つ5GHz帯を加えた「トライバンド」に対応。MacやiOSデバイスだけならデュアルバンドでも十分ですが、最近の我が家はスマートテレビなどのWi-Fi対応製品も増えてきており、それらのパフォーマンスを最大限発揮させるためにもトライバンドを導入したかったんです。また、4K映像を最優先で配信できるアドバンスドQoS「4Kモード」に対応しているので、安定して4K映像を視聴できる点もポイントです。

さらに本製品なら、Wi-Fiの混雑状況やノイズ回避の機能も盛りだくさん。混雑時に空いている帯域へ誘導する「バンドステアリング」搭載だし、機器判別機能もあるので接続する機器ごとに優先するバンドを設定できます。おまけに、家電製品からのノイズを検知すると干渉しないチャンネルへ自動で回避してくれる「干渉波自動回避機能」も搭載。これなら台所でiPadを使って動画鑑賞することの多いカミさんが、私が電子レンジを使うたびに舌打ちしてくる回数も減るはずです!

 

動作ランプが邪魔にならない

  • 6ca33e3a1c1ea02b2cd5a0cd565d8294.jpg

正面から見えるのは電源LEDのみ。ルータやインターネットアクセス、ワイヤレスの動作状況を示すLEDは外周部の溝の中に配置してあるので、リビングなどに置いてもライトの点灯や点滅が気になりません。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧