プロダクト&リリース iなmono HARDWARE

プロ仕様のオーディオインターフェイス「d:vice」

文●大須賀淳

「デバイス(d:vice)」は、iOSデバイスやMacに接続し、高性能なマイクを使った録音を行えるオーディオインターフェースです。

シンプルながら着実な設計

「デバイス(d:vice)」は、iOSデバイスやMacに接続し、高性能なマイクを使った録音を行えるオーディオインターフェース。同種の製品は1万円以下の安価なものもありますが、本製品はマイクとのセットで10万円を超えるかなりの高級品。96KHz/24ビットという、いわゆる「ハイレゾ」級のスペックを持っていながら、本体は直系5.6センチとコンパクトな設計になっています。本体上は特殊なマイクロドット仕様のマイク端子が2つとマイクロUSB端子(ライトニングへの変換ケーブル付き)のみで、必要なものだけを配したシンプルな造りです。

iOSデバイスと使う場合、ライトニング経由で接続したうえで、専用アプリを使って入力レベルなどの調整を行います。見やすいレベルメータで音量がオーバーしないかを確認でき、そのほかモノラル/ステレオの切り替えや低音カットなど、こちらも必要最小限な構成に。レベル設定以降は、デバイス内蔵マイクの代わりとして、録音、動画、ライブ配信など各種のアプリにそのまま使うことが可能です。項目数が少なくとも「足りない」と感じるものはなく、内蔵マイクをそのまま置き換えるという設計者の意図が見てとれます。

 

ノイズに強い端子を搭載

  • 06b821ad1ff055003fc315b40540f042.jpg

マイクの接続端子はMicroDotという特殊なもので、ロック付きで抜けにくい構造になっています。非常に極小ながら、一般的なミニジャック接続のマイクよりノイズも入りにくく、安定した運用が行なえます。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧