便利技 他人事Tips

High SierraとiOS 11でフライト情報をチェックする

文●今淳一

最新のOSを利用することで、MacでもiPhoneでも簡単にフライト情報をチェックできるようになりました。

飛行機に乗る場合、慣れていれば余裕を持って行動できますが、各種手続きなどで何かと時間を取られ、慌ただしくなりがちです。さらに、さまざまな要因で遅れがでることもあるので、フライト情報を素早くチェックできると何かと役に立ちます。MacではHigh Sierra、iOSではiOS 11から、Spotlight検索を使って調べられるようになりました。具体的な使い方を見ていきましょう。


やり方は簡単で、このように航空会社名と便名で検索をかけるだけです。出発時刻や到着時刻などの基本情報だけでなく、遅れが出ているかどうかなどのステータスも把握できます。


同様にiPhoneやiPadでもフライト情報をチェック可能です。なお、Macでは航空会社名、iPhoneでは航空会社コードで検索をしていますが、いずれの場合も同じように検索できます。ただし、現状では一部、対応していない航空会社もあるようなので気を付けましょう。なお、残念ながらSiriに調べてもらうことはできません。

フライト情報はWEBで調べれば割とすぐに出てくるものですが、しかし、こうしてSpotlightで手早く調べられるのは大変便利です。急な出張などで慌ただしかったり、遅れが出ていたりする場合に咄嗟に調べられるのは、空港で右往左往した経験のある方なら、どれほどありがたいことかわかると思います。



おすすめの記事一覧