便利技 他人事Tips

データの移行に超便利なiOS 11の自動セットアップ

文●今淳一

iOS 11では、機種変更時に古い端末から新しい端末へ情報を移行できる「自動セットアップ」機能が追加されました。

iOS 11の自動セットアップ機能を利用すると、Apple IDやWi-Fiの設定、iCloudキーチェーンなどの設定をごく簡単に移行できます。Touch IDやApple Pay、Siriは個別に設定する必要がありますが、面倒な初期設定の大半はそのまま移行できます。なお、移行前後の端末のどちらもiOS 11である必要があります。


新しい端末で言語と地域の選択が終わると、このような画面が現れます。この状態で古い端末を新しい端末に近づけましょう。



古い端末の方でこのように「新しいiPhone(またはiPad)を設定」という画面が出るので、[続ける]をタップしましょう。そうすると新しい端末に認証用のイメージ画像が現れるので、古い端末側のカメラでこの画像を表示された円の中に配置します。



あとは、新しい端末側で古い端末で使っていたパスコードを入力し、セットアップを続けるだけです。この機能の便利なところは、この後でiCloudやiTunesのバックアップから復元することもできれば、そのまま新しい端末として使うこともできる、という点につきます。たとえばiPhoneから各種情報のみを引き継ぎつつ、新しくiPadを設定する、ということが可能になるわけです。単純な機種変なら今までのようにバックアップからの復元をすれば良い話ですが、自動セットアップの場合、こういった融通を利かせられるのが大きな魅力です。手間が大きく変わってくるので、ぜひ活用していきましょう。



おすすめの記事一覧