便利技 他人事Tips

「ファイル」アプリでストレージの書類を使いこなす

文●今淳一

iOS 11で新しく追加された「ファイル」アプリで各種クラウドにある書類を管理しましょう。

iOS 10にあった「iCloud Drive」アプリを更新する形で、iOS 11では「ファイル」アプリが実装されました。「ファイル」アプリでは、iCloud Driveだけでなく、DropboxやGoogleドライブなどの他社のクラウドサービスにも対応しており、分散しがちな書類をまとめて管理できるのがポイントです。


メイン画面はこのように「場所」「よく使う項目」「タグ」という形で区分けされています。ほかのクラウドサービスにアクセスするには、そのサービスの公式アプリが必要です。


よく使う項目、最近使った項目、タグなどは、iPhone / iPadの内部にあるローカルファイル、iCloud Drive、そして他社サービスを縦断して表示されます。「場所」ではサービス別にたどれ、それ以外ではファイルがどこにあるかの区別なく網羅的にファイルを管理できる、ということです。またファイルの整理に関しても、iPadではドラッグ&ドロップが可能で格段に便利になりました。

このように便利な「ファイル」アプリですが、検索機能が弱いところが少し残念な部分です。他社サービスだと検索の対象にならなかったり反映に時間がかかったりすることがあります。この辺の精度や、iPhoneでの操作性など、今後のアップデートに期待したいですね。



おすすめの記事一覧