便利技 他人事Tips

iPhoneの電源ボタンが壊れたときに再起動する方法

文●今淳一

iOS 11では、「設定」アプリから電源を落とせるようになりました。地味ながら特定の状況では非常に役立ちます。

iOS 11では、物理ボタンに頼らず、ソフトウェア的な対応だけでiOSデバイスの電源を落とせるようになりました。


このとおり、設定の[一般]の最後に「システム終了」が追加されています。これをタップすると、電源ボタン(スリープボタン)を長押しして出てくるのと同じ、スライドして電源をオフにする画面が表示されます。

一見、何が役立つかわからないようにも思えますが、iPhoneの電源ボタンが物理的に壊れてしまった場合を想像すると、重要な点だといえるはず。なにしろ、電源ボタンが効かないとなると、「様子がおかしいからiPhoneを再起動してみよう」という上等手段が使えなくなってしまいます。強制的に再起動するにしても、機種によって若干の違いはあれど、電源ボタンを使うのでどうにもなりません。この手のトラブルへの対処方法は何通りあっても覚えておいて損はないと思います。

また、iPhoneの起動に関しては、実は電源が入っていない状態で充電器ないしMacに接続すると、自動で電源が入るようになっています。一度落としてしまったらiPhoneを起動出来なくなるのでは、という心配はいりません。これもトラブル発生時に役立つ知識なので、あわせて覚えておくとよいでしょう。



おすすめの記事一覧