アラカルト Macintoshビギンズ

1年に2回、Macファンが集った場所

憧れのMacworld Expo

文●大谷和利

Blast from the past ── あの頃の懐かしい思い出

熱いユーザは山も海も越える

Macが今よりもはるかにマイナーな存在だった頃、ユーザの熱意は逆にはるかに強かった。それはインターネットが存在しないことによる情報飢餓状態も手伝って、とにかく自分たちが愛した製品とメーカーについてのあらゆることを知りたいという気持ちからくるものだった。

そんな時代の濃いエピソードの1つに、次のようなものがある。1987年のこと、瀬戸内のApple製品取り扱いショップに、当時最速だったMacintosh II fxが入荷したとき、四国の太平洋側のMacユーザが一目見ようと連れ立って押しかけたというのだ。

その頃、アメリカ本国における新製品発表のニュースが日本の一般ユーザのもとに届くのは、発行までのタイムラグが最大ひと月になる月刊専門誌によってであり、ましてやそれが店頭に並ぶ日取りなど普通は知りようがない。おそらく、そのショップの経営者が懇意にしている顧客に連絡して、さらにそこから仲間内に伝わり、みんなで行くことになったのだろう。

以上は熱いユーザたちが四国山地を越えた例だが、それを太平洋に置き換えれば行き先はMacworld Expo(正式名称Macworld Conference & Expo)になる。1985年から年に2回、冬のサンフランシスコと夏のボストン(後にニューヨーク)で開かれていたこの催しは、月刊誌Macworldを発行するIDGのイベント部門であるIDGワールド・エキスポが主催し、かつてはAppleもキーノートや新製品発表の場として活用していた。

特に、ジョブズが復帰して

熱いユーザは山も海も越える

Macが今よりもはるかにマイナーな存在だった頃、ユーザの熱意は逆にはるかに強かった。それはインターネットが存在しないことによる情報飢餓状態も手伝って、とにかく自分たちが愛した製品とメーカーについてのあらゆることを知りたいという気持ちからくるものだった。

そんな時代の濃いエピソードの1つに、次のようなものがある。1987年のこと、瀬戸内のApple製品取り扱いショップに、当時最速だったMacintosh II fxが入荷したとき、四国の太平洋側のMacユーザが一目見ようと連れ立って押しかけたというのだ。

その頃、アメリカ本国における新製品発表のニュースが日本の一般ユーザのもとに届くのは、発行までのタイムラグが最大ひと月になる月刊専門誌によってであり、ましてやそれが店頭に並ぶ日取りなど普通は知りようがない。おそらく、そのショップの経営者が懇意にしている顧客に連絡して、さらにそこから仲間内に伝わり、みんなで行くことになったのだろう。

以上は熱いユーザたちが四国山地を越えた例だが、それを太平洋に置き換えれば行き先はMacworld Expo(正式名称Macworld Conference & Expo)になる。1985年から年に2回、冬のサンフランシスコと夏のボストン(後にニューヨーク)で開かれていたこの催しは、月刊誌Macworldを発行するIDGのイベント部門であるIDGワールド・エキスポが主催し、かつてはAppleもキーノートや新製品発表の場として活用していた。

特に、ジョブズが復帰してからの出展時の光景はある種異様で、Appleのブースだけ、初日のキーノートが終わるまで巨大な黒い幕で覆われていて中を覗くことができない。そしてキーノートの製品発表が終わると、メディアの人間は我先にブースへ向かい、一般客に混じってハンズオン代わりに実機を触るのだ。その場にいるAppleのスタッフに質問しても、「実は自分たちも、今、初めて新製品を見たところなのでよくわからない」と返されることも少なくなかった。

だが、このイベントこそがAppleの新製品を一番先に体験できる機会のため、ライターのみならずヘビーなMacユーザが自腹で現地に出向くケースも多く見られた。

からの出展時の光景はある種異様で、Appleのブースだけ、初日のキーノートが終わるまで巨大な黒い幕で覆われていて中を覗くことができない。そしてキーノートの製品発表が終わると、メディアの人間は我先にブースへ向かい、一般客に混じってハンズオン代わりに実機を触るのだ。その場にいるAppleのスタッフに質問しても、「実は自分たちも、今、初めて新製品を見たところなのでよくわからない」と返されることも少なくなかった。

 

だが、このイベントこそがAppleの新製品を一番先に体験できる機会のため、ライターのみならずヘビーなMacユーザが自腹で現地に出向くケースも多く見られた。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧