教育・医療・Biz 明日のマナビ

世界初となるAI型教材「Qubena」

文●山田井ユウキ

「Ed Tech」の最新事情。教育の在り方を一変させる注目のプロダクト&サービスに注目。

人工知能(AI)が情報を収集・分析し、生徒のレベルに合わせて最適な問題を出題するタブレット向け教材。小学校の算数と中学校の数学に対応しており、河合塾との共同教材開発を行うなど教育機関での利用も進む。中学1年生の効果測定では、従来の学習方法の実に7倍もの成果を上げた。利用ユーザ数は約7000人。直営の学習塾「Qubena Academy」での展開のほか、パートナーシップを結ぶ全国の私塾26社に導入されている。

究極の学習とは何か。どうすれば人類はよりよく学べるようになるのか。そんな究極の問いに対する1つの答えとなりうるツールが「キュビナ(Qubena)」だ。世界初となるAI型教材である。

開発したのは株式会社COMPASS。その背景には、発案者である神野元基氏の生い立ち、そして現在に至るまでの道程があった。

 

 

  • jnabdshdsioyerahawd75wu823.jpg

Qubena

【開発】株式会社COMPASS
【価格】Qubena Academy(学習塾):1万1000円/月(小学生)、1万4000円/月(中学生) ※いずれも税別。現在、オンライン学習など新規メニューもテスト運用中。
【URL】http://compass-e.com/

 

 

北海道網走で高校時代までを過ごした神野氏。高校1年でインターネットに出会い、情報により世界が広がる感覚に魅了された。自分は何のために生きるのかについて考え、「世界平和に貢献すること」を人生のミッションに据える。卒業後は東京進学を志すが、周囲は猛反対。唯一、通っていた塾の先生だけが賛同してくれたという。

上京後、慶應義塾大学に入学した神野氏は在学中に渡米。シリコンバレーで起業し成功を収めた。そんな神野氏の人生を決定づけたのは、在米中に知った「シンギュラリティ」という概念だった。近い将来訪れるとされる、AIが人間の能力を超える瞬間。そのとき、人はどうあるべきなのか。人類、特に子どもたちは、これからAIが進化していく未来を生き抜かなければならない。そこにはこれまでにない“知恵”が求められるだろう。数学や国語といった従来の学習をもっと効率よく行い、そうした知恵を身につける新たな学びの時間を生み出さなくては│。

自らの世界を広げてくれたインターネットという技術、将来への道を拓いてくれた塾の先生の言葉、そして子どもたちへの思い。神野氏の半生を形作ってきた要素が1つになり、生まれたのが「キュビナ」であった。

キュビナはAIを活用したタブレット端末向けの教材だ。小中学校の算数・数学に対応している。最大の特徴は、子どもが問題を解くごとにその理解度を分析し、単元の修得に効果的な出題を行うこと。一般的な学習方法では、ある問題につまずくと1つ前の問題に戻ってみて、それでもできなければまた1つ戻って…と復習していくのが常だが、「それは非効率だ」と神野氏は考えた。効率的な学習とは「何がわからないのか」を理解して、その部分を学ぶことなのだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧