便利技 他人事Tips

日本語の中の「英単語」をもっとスムースに入力する方法

文●今淳一

macOS High Sierraの日本語入力では、入力モードを切り替えることなくそのまま英語を入力できます。

英語混じりの文章を入力する場合、今までは頻繁に入力モードを日本語、英語、日本語といった具合に切り替えなければなりませんでした。最新のmacOS High Sierraの日本語入力では、この手間が大きく軽減される新機能があります。

このように、日本語入力のままでも、英語を認識してそのまま変換できるようになりました。


先頭の何文字かを入力しただけで、それに続く英単語を予測する機能もあります。この場合、[tab]キーで入力したい英単語を選択できます。


日本語を入力するそばから自動的に次々と変換を行う「ライブ変換」の機能が有効な場合は、[スペース]キーによる変換や[リターン]キーによる確定を挟まなくても、そのまま日本語と英語で入力し続けることもできます。

また、日本語と英語が入り交じる文章ではスペースの半角全角で困ることもありますが、英語の場合は半角、日本語の場合は全角と、自動的に判断してくれます。このへんがしっかりしていないと結局は入力モードの切り替えが必要になってしまうので、細かいながらも重要な機能です。


これまでも、日本語キーボードの[英数]キー、[かな]キーを活用したり、変換時に直接英語に変換するなど、いくつか入力を楽にするテクニックはありましたが、特に意識せずにそのまま思ったとおりに入力できるのは大変便利です。ぜひ、活用してみてください。



同カテゴリ記事一覧