特集 特集

賢いバックアップでアップデート後も快適に使おう

早くバックアップを取ってHigh Sierraにアップデートしたいのに、そのバックアップがなかなか終わらない…。でもそれって、もしかしたら無駄なデータをバックアップしているのかも。High Sierra移行後も快適に使い続けられるよう、起動ディスクはあらかじめシェイプアップしておきましょう。

 

[STEP 1]内蔵ストレージを見直そう

バックアップは、すべてのデータを丸ごと取っておくのが一番です。とはいえ、バックアップ完了までに時間がかかってしまうケースもあるでしょう。バックアップの前に、不要なデータを整理しておくのも1つの手です。

ただし、バックアップ前のデータ整理では、「疑わしいデータは削除しない」という原則を胸に刻んでおきましょう。もし日頃から完全なバックアップを取っているのなら、マシンから重要なファイルを捨ててしまっても復元が可能です。しかし、バックアップを取る前に捨ててしまったファイルは、あとで取り戻すことは決してできません。

捨てるかどうかの見極めは難しいことも多いのですが、その目安の1つに「あとで入手可能かどうか」という判断方法があります。たとえば、インターネットから入手したフリーウェア、購入履歴が残っていて再ダウンロードが可能なソフトや音楽コンテンツなどは比較的削除してもリスクが少ないといえます。逆に、自分で作成した書類や撮影した写真データなどは削除のリスクが高く、見極めには細心の注意が必要です。

 

 

  • 492afa88d735fdb81baf36ad34b4a86e.jpg

(1)起動ディスクのストレージ使用量を見るには、[アップルメニュー]から[このMacについて]を選びます。

 

 

  • e4b32551dddc7e7b9d61ee4771de9409.jpg

(2)開いたウインドウで[ストレージ]タブをクリックすると、現在の空き容量のほか、占有しているファイルの内訳を知ることができます。ここで[管理]ボタンをクリックしましょう。

 

 

  • 5794246e15f9d3e1c2e1539ba17f5c45.jpg

(3)Sierraから、内蔵ストレージ内を監視して、空き容量が少なくなるとさまざまな方法で自動的にストレージの節約を実行する機能が搭載されています。前画面で[管理]ボタンを押すと「システム情報」が起動します。これがストレージ最適化を管理するソフトです。左側には項目別のデータ容量、右側には容量を節約するための方法が表示されています。

 

 

  • 9fa87c85fd3bf8c8f5994730439f0040.jpg

(4)たとえば、[不要なファイルを削除]を実行してみましょう。ファイルを容量の大きい順に並べて表示してくれます。これを参考に、不要なファイルは削除しましょう。ソフトの削除や、添付ファイルの削除も可能です。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

万全の準備で安心安全のアップデートを

<<

「macOS High Sierra引っ越しマニュアル」の目次