特集 特集

万全の準備で安心安全のアップデートを

魅力がいっぱいの新OS High Sierra、すぐにでもアップデートしたいという人も多いのでは? でも、ちょっと待ってください。ひょっとしたら、アップデート後に何らかの理由で元に戻したくなることがあるかもしれません。あらゆる可能性を想定して、万全の準備で臨みましょう。

 

 

事前の準備は怠らないように

ハイ・シエラは、前バージョンであるシエラとハードウェア要件が同じなので、現在すでにシエラが動作しているMacであれば、ほぼそのまま動作すると考えていいでしょう。ただし、サードパーティ製ソフトをはじめとして、ハイ・シエラにアップデート後、動作しなくなるソフトが現れる可能性は、ゼロとは言い切れません。特に古いバージョンで、ここ数年アップデートされていないようなソフトを使う必要があるという人は、本当にバージョンアップしていいのか、きちんと見極めてから行う必要があるでしょう。

システムのアップデート前に、使用しているサードパーティ製のソフトは必ず、すべて最新版にアップデートしましょう。Macアップストアで販売されているソフトであれば[アップデート]タブを確認することで、一度に最新版かどうか確認できますし、よほどのことがない限り、最新版はそのままハイ・シエラでも動作すると考えていいでしょう。

単独でインストールするタイプのソフトや、開発元から直接ダウンロードしたシェアウェア/フリーウェアなどは、個別に最新版がないかチェックしましょう。

このとき、忘れがちなのが周辺機器のドライバソフトです。プリンタやスキャナのドライバは、メジャーな製品であればシステムに付属するドライバソフトで動くので問題ありませんが、音楽や映像関連のハードウェアのように環境に対する依存がシビアなものは、システムとの互換性の検証が終わるまでにしばらく時間がかかることもあります。特に業務用途のMacの場合、急いでインストールしたくなる気持ちを抑えて、現在の安定した環境のままとどめておく勇気も必要です。

また、インストール前にMacのストレージに問題がないか、必ずディスクのチェックと修復をかけておきましょう。現在のデータのバックアップもしっかり取ることをお忘れなく。バックアップさえあれば、現状に復帰することが可能です。

なお、シエラ時代ですでにJAVA6やクイックタイム、VPN接続時のPPTPプロトコルの利用などが廃止されてきました。これらのソフトはシエラ対応版が登場していない限り、ハイ・シエラでも利用できません。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

「macOS High Sierra引っ越しマニュアル」の目次