特集 特集

携帯電話機能を内蔵して「より理想的な相棒へ」

Apple Watch Series 3徹底攻略

文●氷川りそな写真●松村太郎apple.com

iPhoneなしでもいろいろと使える!

ロレックスを抜いて、世界第1位の時計となったApple Watch。最新版となるApple Watch Series 3では、携帯電話通信に対応したことで活用範囲が大きく広がります。また、デュアルコアプロセッサやワイヤレスチップの高速化、健康とフィットネスのための最新機能の搭載などを果たし、毎日の生活を変える究極のデバイスとして大きく進化しました。

 

「体験」を重視した改良

今回のイベントで真っ先に紹介されたのが、新しいアップルウォッチでした。第3世代となるこの「シリーズ3」の登場を待ち望んでいた人は多かったようで、アップル公式サイトなどでも最初の出荷分は予約初日でほぼ完売。その人気は日を追うごとに高まっています。

この急成長を支える要因とは何なのでしょうか。

アップルウォッチが従来のアップル製品と異なるのは、「常に身につけて使う」いう利用スタイルです。メッセージなどの通知を受け取ってすぐに内容をチェックできるといった「スマートウォッチ」的な用途だけでなく、スポーツなどのアクティビティや心拍数を記録して役立てる「ヘルスケア」ツールとしても優秀な性能を発揮するなど、他のデバイスにはない特性を持っています。

加えてアップルウォッチは、ファッションを強く意識しています。ケースは軽量さと頑丈さを兼ね備えたアルミニウムとステンレススチール、そしてエディションには高価なセラミックを採用。これは、高級時計における伝統的な「素材の序列」に完全に準拠しています。

さらにカラーバリエーションや2つのケースサイズ、ナイキやエルメスといったブランドとのコラボレーション、純正だけでも60種類を超えるバンドなど他のアップル製品と比較してもその充実度は圧倒的です。これからも「時計である」ことを強く意識したデザイン、マーケティングに徹しているのがわかります。

そして、時計以上の高い価値を提供するためのアプローチがシリーズ3には綿密に組み込まれています。その一端がまず、より高速化された内部のパフォーマンスです。多機能な「複雑時計」を超えるバリエーションを提供できるスマートウォッチは、誰が使ってもストレスがないレスポンスが高く求められます。

また、シリーズ3は新たにモバイル(携帯電話)通信に対応することで、iPhoneと一緒に持ち歩かなくてもさまざまなことが行えるようになり、より「独立した時計」としてのアイデンティティを高めました。将来的に、アップルウォッチが完全に単独のデバイスとしてアクティベートされ、使われるようになるところまで進化していくのは想像に難くありません。

それでも依然として丸一日以上連続稼働することができない、バッテリ寿命の問題はシリーズ3でも解決されていません。しかし、アップルは消費電力を節約し、時間を延ばすことよりも「使っているときの体験」を優先して設計しています。目先のスペック上の数字よりも、「一度使うと手放せない体験」をすることがアップルの魔法であることを、彼ら自身がよく知っているのです。

 

Apple Watch Series 1とSeries 3の違い

価格以上の性能差

シリーズ3と併売されるシリーズ1では、どの程度性能が異なるのでしょうか。

まずCPUチップに関しては、シリーズ3が最新世代の「S3」を搭載しているのに対して、シリーズ1は初代モデルのCPUをデュアルコアへと改良した「S1P」です。これが、全体のパフォーマンスや一部の機能への対応の有無などに影響します。

ワイヤレスチップ「W2」はシリーズ3のみ搭載され、ワークアウト時に単独でアップルウォッチを使用したり、Suicaやアップルペイを使った支払いなどはシリーズ1では行えません。

ディスプレイも1000ニトの明るさを持つ第2世代の感圧タッチ対応ディスプレイをシリーズ3が採用しているのに対して、シリーズ1は初代同様の450ニトの感圧タッチ対応ディスプレイのまま。耐水性能に関しても、シリーズ3は水深50mメートルまで対応しますが、シリーズ1はiPhoneなどと同様のシャワーや水しぶきなどへの防沫性能を備えているに留まっています。

このようにシリーズ3が「シリーズ2の進化版」なのに対して、シリーズ1は「初代モデルのマイナーチェンジ版」という位置づけになります。これらを鑑みると用途によっては価格以上の性能差が出ることもありますので、購入前に考慮しておくべきでしょう。

  • a650755dbcc8573a5779026e7da184d4.jpg



続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

「Apple Watch Series 3進化のポイント」の目次