特集 特集

買い替えユーザ必見!

iPhone 8/8 Plusと旧モデルを徹底比較!❶

[Color & Material]素材感がまったく異なる仕上がりに

 

カラーは実物を見て判断を

それでは、iPhone 8/8プラスは7シリーズとどう違うのか具体的に見ていきましょう。ちなみに、iPhone Xとの比較も行いたかったのですが、まだ発売前で実機が入手できないため、次号以降で解説します。

iPhone 8/8プラスはiPhone 7シリーズとほぼ変わらないデザインのため、WEB上の写真で見ると違いがあまり見えないかもしれません。しかし、背面の素材がアルミニウムから前面と同じガラスとなり、ツヤツヤとした高級感のあるまったく新しい製品となりました。たとえるなら、iPhone 6シリーズ以降のデザイン性と、iPhone 4/4Sのガラスの質感を組み合わせたような仕上がりです。

カラーラインアップはスペースグレイ/シルバー/ゴールドの3色展開。旧世代の5色からジェットブラックとローズゴールドがなくなり、ブラックがスペースグレイに置き換わっています。ガラスの仕上げは7層のカラープロセスを経た豊かな色味を実現したため、ネーミングは同じでも従来とはまったく異なる印象です。特にゴールドはライトなローズベージュに近く、従来のiPhoneやiPad、MacBookのゴールドとは別物と言ってよいほど。カラーにこだわるのであれば、実物を見て判断することをおすすめします。

 

アンテナ部はより控えめに

  • fbf1f0a7bfc8b146772e7bcc22cd8923.jpg
  • 8aa74ed7c3be8f3e65db908b00823b07.jpg

アルミニウム素材を採用したiPhone 6/6 Plus以降、アンテナからの電波を通すための樹脂部分、いわゆる「Dライン」が上下の縁に沿って入っていました。しかし、iPhone 8/8 Plusではガラス素材を採用したため、背面のラインはなくなり、側面のアルミフレーム部分にのみラインが入っています。そのため背面はよりスッキリとなり、ガラスの美しさが映えるデザインに仕上がりました。

 

新色のゴールド

  • 5762a90be98efad8aad815de99dab9be.jpg

スペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色展開となったiPhone 8/8 Plusのカラーリング。これまではiPhoneの一部カラーがiPadやMacBookでも採用され、統一感がありましたが、ガラス素材になったことでiPhone 8/8 Plus(およびiPhone X)は異色の存在感となりそうです。なお、素材がアルミニウムからガラスに変わった理由は、ワイヤレス給電に対応するためです。

 

しっとりとした触感

  • 3d04081d27b421a8ac6030632489281d.jpg

アルミニウムからガラスに変わったことで、デバイスを手にするとヒヤッとした触感ののち、ピッタリと吸い付くような感触が伝わります。撥油コーティングを施してあるので、指紋や汚れを簡単に拭き取ることができますが、指紋や汚れそのものは目立ちやすくなっています。ケースをつけずに使用する場合は、クロスなどでこまめに拭く必要がありそうです。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

これぞ完成形! iPhone 8の真価を見極めよう❷

<<

「iPhone 8/8 Plusパーフェクト購入ガイド」の目次