便利技 他人事Tips

新機能「カメラやSafariからのQRコード読み込み」を試す

文●今淳一

iOS 11ではQRコードをカメラから読み込んだり、Safariで認識したりできるようになりました。

iOS 11の新機能として、地味ながら大変役立つのが、カメラを使ってQRコードを読み取り、そのままWEBサイトへ飛べるようになったことです。

QRコードの読み込みは、特に何もせずとも初期設定のままで実行可能です。設定は「設定」アプリの[カメラ]に[QRコードをスキャン]として追加されています。勝手に読み込むのがうっとうしい場合は、ここで設定をオフにできます。



実際にカメラからQRコードを読み込んでみました。このようにちょっとナナメだったり、またピンぼけしていたりしても読み込めます。読み込んだ内容は画面上部にバナーとして通知され、それがURLだった場合は、タップすればそのままWEBサイトへ移動するようになっています。従来はサードパーティ製アプリでしかできなかったことが、こうして標準で使えるようになるのは便利ですね。



また、iOS 11のQRコード関連機能はカメラだけにとどまりません。Safariでは、画像として掲載されているQRコードを認識できるようになりました。QRコードというと印刷物の印象が強いかもしれませんが、携帯向けサイトへの誘導として通常のWEBサイトにQRコードが掲載されていることもあります。



このように、WEBサイトに埋め込まれているQRコード画像を長押しすると、そのままリンク先を開けるようになったのです。これも便利なので、あわせて覚えておくといいでしょう。



同カテゴリ記事一覧