Command+Eye Command+Eye

“次世代の教育インフラ環境”の事例紹介

53台のMac miniが神戸大学のICT基盤を担う

文●編集部

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

7月28日に行われた三谷商事主催のセミナー「IT+教育最前線2017」にて、神戸大学におけるMac導入事例のプレゼンが行われた。教育用端末として大規模に導入されたiMac、それを支えるICT基盤システムに使用されるMac miniの活用について、ポイントとなる点を紹介する。

 

国内最大級のMac導入

全国有数の大規模総合大学である神戸大学は、Mac導入数においても国内最大級の規模を誇る。2016年の時点で教育用端末としては約1300台のiMacが稼働、サーバサイドには53台のMacミニが設置されている。

同学に初めてMacが導入されたのは2006年のこと。1997年に全学にメールアドレスを配付して以降、学生たちのパソコン利用を推進してきた同学だが、2006年まではウィンドウズ端末をメインに使用してきた。それがこの年、一斉にMacへ転換したのには理由がある。

「当時は、点在するキャンパスを結ぶ新システムの構築にあたり、2つの観点からMacを選択しました。1つはシステム全体の運用・管理のしやすさです。使用端末の検討の段階で、ウィンドウズでは規模が大きくなるほど維持管理が煩雑かつ困難になり、結果としてコストが増大することがわかりました。比較するとMacのほうが使い勝手がよかったのです。また、ファイル共有や認証関連でも、Macはウィンドウズに比べてほかのシステムとの親和性が高く、セキュリティ面で不安要素が少なかったことが挙げられます」

そう語るのは、情報基盤センター教授の熊本悦子氏。同学のシステム構築プロジェクトチームの一員として、初回よりMacの導入に携わってきた人物だ。導入にあたってはさまざまな困難があったという。

「全学に使用するパソコンの希望を聞いた際は、口を揃えて『ウィンドウズ』でした。しかし、先のシステム構築におけるメリット以外にも、ユニックス(UNIX)ベースのMacではコンピュータプログラムの内部構造や原理を理解しやすいということがあり、教育的観点からもコンピュータリテラシーを育むのに適するマシンだと判断しました」

はたして、同年に統合情報基盤計算機システムが完成し、全学のユーザ認証基盤である統合ユーザ管理システムなどとともにMacの導入が実現した。以降、同学のICT基盤を担っている。

 

 

  • ca2c7dd2072d3fdf44cee33f4205f2e4.jpg

教育用端末としてiMacが並ぶ教室。「iMacを導入した当初は新入生にとって珍しさと戸惑いを持って受け入れられましたが、この10年のICT環境の劇的な変化にツールにとらわれず対応できる情報リテラシーの修得には、多少でも効果はあったのではないかと思います」(熊本氏)。KAISER 2016の統合ユーザ管理システム(KUMA)やファイルサーバと連携することで、どのマシンからログインしても学生ごとの利用環境を再現することが可能になっている。

 

 

  • 10890ef60bb52fd1ec59faa52a6ec205.jpg

1902年に設置された神戸高等商業学校を起源とし、1949に設立された国立大学法人神戸大学(兵庫県神戸市)。10学部、15研究科(大学院)のほか多数の研究所・センターを有する大規模総合大学である。学生数は約1万6000人。

 

 

  • 1e30102645fb7addfc2dd9e01e962097.jpg

神戸大学情報基盤センター教育支援基盤研究部門、大学院システム情報学研究科(兼任)教授の熊本悦子氏。 同学のネットワーク基盤、ICT基盤の企画・導入・運用を担う同センターで、教育用端末、学修支援システム(LMS)等の教育支援基盤を担当。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧