アラカルト フツウを変える、フツウをつくる

誰かの目で世界を見てみよう

文●三橋ゆか里

米国LA在住のITライター・三橋ゆか里氏の最新テックトレンドウォッチ!

車移動が当たり前のLAではあまり見かけませんが、人混みが絶えない渋谷などでは、目の見えない人たちが白杖で音を立てながら歩く姿をよく見かけました。人混みをかき分けるのはただでさえ大変なのにすごいな…と、その方の邪魔にならないよう歩きながら思ったものです。

“Put yourself in someone’s shoes”という英語は、誰かの靴を履いてみる、つまり相手の立場に立って考えることを指す表現です。普段、盲目の人がどんなふうに生活しているのかを想像する機会はあまりないかもしれませんが、とあるスマホアプリを使ってそれを垣間見ることができました。それが、「ビーマイアイズ(Be My Eyes)」というデンマーク発のアプリです。

ビーマイアイズは、その名のとおり、目の見える人が目の見えない人の「目」になるアプリです。支援が必要なとき、ボタンのワンプッシュでボランティアとビデオ通話でつながり、目の前のタスクを助けてもらえます。2015年1月のリリース後、24時間で約1万人にダウンロードされ、現在は3万7000人を超える視覚障がい者が使っているとか。ビーマイアイズに登録するボランティアの数は、54万人以上。支援を必要とする人がいる場合、複数のボタンティアに一斉に通知がいくようできているため、全体の90%が60秒以内に応答されているそうです。

世界中にいるボランティアが計90言語に対応しているため、英語などのメジャーな言語でなくても自分の言語が話せるボランティアが見つかることも特徴。各地のボランティアには、その人のタイムゾーンの日中の時間帯にだけ支援依頼が届きます。たとえば、目の見えないアメリカ人が深夜に支援を必要とした場合、英語が話せるボランティアでも同じアメリカにいる人ではなく、オーストラリアやイギリスにいるボランティアにつながる仕組み。すべてのタイムゾーンを網羅しているため、アプリは困ったときに24時間使うことができるのです。

 

 

 

50c1e6fd635646d105e3ed072b4b3681.jpg

Yukari Mitsuhashi

米国LA在住のライター。ITベンチャーを経て2010年に独立し、国内外のIT企業を取材する。ニューズウィーク日本版やIT系メディアなどで執筆。映画「ソーシャル・ネットワーク」の字幕監修にも携わる。【URL】http://www.techdoll.jp




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧