アラカルト Macの知恵の実

iPhoneは「急速充電」できないの?

文●牧野武文

フリーライター・牧野武文氏が消費者目線でApple周りの事象を独自の視点で考察。

スマホは高性能になるほど、バッテリの充電に求められる性能が厳しくなってくる。すでにアンドロイドの世界では、急速充電や無接点充電でこれに対応しようとしている。iPhone 8/Xでようやく充電技術の刷新をアピールし始めたアップルだが、これまでのiPhoneが充電の技術で出遅れていたという批判は果たして本当なのだろうか。これが今回の疑問だ。

 

バッテリ切れに対する3つの考え方

今、世界中のスマホユーザが直面しているのが「充電」問題だ。特にアップルペイなどのスマホペイメントが登場してからは、バッテリの持ち時間は死活問題になっている。数年前まで各メーカーともバッテリ容量をとにかく増やすことで対応をしてきたが、昨年あたりからサイズアップは限界を迎え、メーカーによって3つほどの対策が行われているようだ。

1つは、中国や台湾のメーカーが採用してきた「急速充電」だ。これはバッテリ切れを起こすのは仕方がないという前提で、オフィスやカフェなど電源が確保できる場所で短時間にある程度の充電ができるようにする方法だ。ところが、なぜかアジア圏ではiPhoneはこの急速充電に対応をしていないという誤解が広まり「iPhoneは使いづらい」という評価を受けることになった。

2つ目は、今回のiPhone 8/Xや韓国メーカーが対応する「無接点充電」のアプローチだ。「Qi(チー)」が代表的なもので、充電パッド上に置くだけで充電ができる。海外のマクドナルドなどではテーブルの上に充電パッドを設置するなどしていて、対応が広がればケーブルを持たなくても外出先で充電できるようになる。

そして、3つ目が「ワイヤレス充電」だ。2つ目と似ているが、こちらはデスクなどに給電装置を設置し、半径数メートル以内にスマホなどがあれば充電してくれるというもの。会社のデスクと自宅に設置すれば、「充電」を気にする異なく使い続けられる。

この3つはそれぞれ考え方が微妙に違っている。ここでいう急速充電は主にモバイルバッテリなどで「短時間で60%程度まで充電する」ことを想定している。無接点充電は充電速度は遅いものの、充電パッドを普及させて「いつでもどこでも充電ができる」状況を作り出す。ワイヤレス充電は「充電という作業そのものを不要にする」アプローチで、この3つではもっとも進んだ考え方だ。

だが、当面は出張や旅行に充電パッドまで持っていくわけにはいかないので、ライトニングケーブルやモバイルバッテリを持っていかざるを得ない。しかし、充電パッドがカフェなどの公共空間に備えられるようになれば、側にいくだけ充電ができるようになり、タクシーや新幹線といった交通機関にも設置されるようになれば、本当に「充電のことを考える必要のない、優しい世界」が実現する。

iPhone 6以降は急速充電に対応

先ほどアジア圏で「iPhoneは急速充電ができない」という誤解が広まっていると述べたが、実はこれまでのiPhoneは急速充電に対応していた。既存の急速充電規格を名乗ってはいないが、すでにiPhone 6以降は1.4A、iPhone 6プラス以降は2Aの急速充電に対応してきたのだ。

では、なぜあらぬ誤解を受けてきたのかといえば、iPhoneに付属のACアダプタが1A対応のものだからだ。急速充電は、ACアダプタの出力をただ高くすればいいというものではない。そんなことをすれば、過充電が起こり、発火や爆発などの事故が起こってしまう。急速充電は、電源側とiPhoneが一定のプロトコルで会話をしながら電流を徐々に上げていく仕組みが必要となる。

具体的にはiPhoneのバッテリは1Aでの充電が基本なので、まずは1Aで充電を始める。iPhone 6以降は電源側に「電流を上げても大丈夫」というシグナルを送るので、電源側が電流を上げていき、最終的に1.4Aまたは2Aで急速充電を行う流れだ。

しかし、この急速充電の欠点はシグナルに反応して電流を上げるための回路が必要なため、ACアダプタがどうしても大きくなってしまう。iPhone付属のACアダプタにはこの回路は搭載されていないため、1Aの電流でしか充電ができない。それが元で「iPhoneは急速充電ができない」という誤解を受けてきたのだ。

 



続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧