アラカルト トクホン。

『THINK WILD』書評

文●徳本昌大

読書ブロガー・徳本昌大氏がオススメする今月の1冊。仕事に、人生に、本は新たな気づきを与えてくれる。

夢を全力で伝えれば成功は手にできる

 

起業で成功するための3つの秘訣

多くの人は自分を普通の人だと思い込み、ビジネスアイデアが浮かんでもそれを行動に起こそうとしません。勇気が少し足りずに、恐怖心に負けてしまうことで、成功を自ら遠ざけてしまうのです。

そんなヤワな起業家を支援し、次々成果を上げているのが、本書の著者のリンダ・ロッテンバーグです。シリコンバレー以外にも起業家はいると信じたリンダは、1997年に起業家がアイデアを具現化するためのサポートを開始します。彼女は非営利ベンチャーキャピタルのエンデバーを立ち上げ、ハイ・インパクト・アントレプレナーたちが最初の一歩を踏み出し、成長するための金銭支援やアドバイスを行いました。

トーマス・フリードマンは彼女のことを人類初のメンターキャピタリストとネーミングしその功績を讃えています。資金だけでなく、メンターになることで多くの起業家の卵たちを育ててきたのです。私も起業家のサポートをしていますが、資金提供以上に行動する力を養うことが大事だと考えています。このメッセージを読んで、自分のやり方が間違っていなかったと確信できました。

本書には不確実な時代を生き抜くための処方箋がいくつも書かれているので、ページをめくるたびにヒントをもらえます。「スタートアップを立ち上げる段階で重要なのは、事業計画ではなく、あなた自身の態度や考え方なのだ」という言葉が特に刺さりました。装飾された事業計画書よりも人を引き寄せる力や行動力、レジリエンスのほうがはるかに価値があることがわかります。そのためにエンデバーは、精神的な支援を続けたのです。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧