Command+Eye Command+Eye

iFixitのCEOカイル・ウィーンズ氏にインタビューを決行!

「分解レポート」から学ぶ電子デバイスとの付き合い方

文●氷川りそな

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

MacやiPhoneの分解レポートで知られるカリフォルニア州のベンチャー企業「iFixit」。この度、同社のCEOカイル・ウィーンズ氏が来日し、全国各所のイベントで登壇した。本誌でも、iFixitが持つ理念や未来へのビジョンなどについて話を聞いてみた。

 

修理の仕方を学ぼう

アメリカ・カリフォルニア州に拠点を構える「iFixit」は、スマートフォンやPCなどの新製品が発表されると、すぐに分解(ティアダウン)レポートを掲載することでおなじみのベンチャー企業だ。読者の中にも、アップル新製品発売直後に同社のサイトをチェックする習慣を持っている人も多くいるだろう。

しかし、この「分解」という行為はあくまで副産物だ。iFixitはエンドユーザへの修理情報(マニュアル)の提供、そしてパーツや修理工具の販売を行うことを主な活動としている。その認知は(特に日本国内では)まだ少ないのが現状だ。

今回、本誌ではCEOであるカイル・ウィーンズ氏の来日に際し、iFixitという会社が持つ理念や目的、実際に行われている活動内容、そして「修理」という分野に関する知見や成長の展望など、非常に広範囲なトピックについて直接話を伺うことができた。

 

 

  • 6ea5ddcef2fcba9776ea20cbc18ad4ba.jpg

iFixitのCEOであるカイル・ウィーンズ氏。この度の来日ではあらゆる場所で登壇、iFixitが持つ理念について語った。【URL】https://jp.ifixit.com

 

そもそもアップル製品に限らず、電子デバイスの修理を個人で行うのはあまりにも困難だ。その原因として、カイル氏は「“容易に分解できない構造”と〝修理に対するメーカーの姿勢”にある」と指摘する。最近の電子デバイスは、ネジの代わりに圧着剤(ボンドテープ)などを使用して薄型化する筐体の強度を保とうとする設計も多く、一度組み上げてしまうと分解が困難な機種も多い。

加えて、内蔵するリチウムバッテリの容量が増えていることもあり、エンドユーザが取り扱いを間違えると大きな事故につながることがある。そのため、分解できる機種でも「セキュリティビット」と呼ばれる特殊な形状をしたネジが採用されることが多く、工具の入手が難しい。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧