アラカルト Apple@Works

DevRelという新たなマーケティング

文●萩野泰士

仕事でリンゴを使う人のごく私事な志事の話。

STORY Ⅰ @IBM
【URL】https://www.ibm.com/jp-ja/


e45d1118f23ca4cdc78c6e58a4a0cb07.jpg

萩野泰士 Taiji Hagino
元美容師にて元音楽家。ソフトウェアエンジニアへ転身後、有限会社アキュレートシステムを起業。その後商社系SIerを経て、現在は日本IBMにてDeveloper Advocateとして技術者へリーチした新しいマーケティングを展開。エールビールが大好きな二児の父。

 

 

私 は現在、日本IBMでDeveloper Advocateという役割を担っています。

主なミッションは、IBMの技術・サービス・プラットフォームを多くの開発者の方々へ使っていただくために啓蒙活動をすることです。我々のチームBlueHubでは、インキュベーションやオープンイノベーションと称して、技術領域でスタートアップ支援を行っています。このようなプログラムの中で各企業の開発者へリーチし、Bluemix(IBMのクラウドサービス)の良さを感じ使っていただけるよう技術サポートを行うのも1つの仕事です。

また、開発者向けのイベントにスピーカーとして登壇することも多く、ご要望があればお客様先へ伺い、Bluemixを利用したシステム構築の研修などの講師を担うこともあります。このように、我々Developer Advocateはセールスとは異なり、開発者寄りのアプローチを取ります。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧