便利技 他人事Tips

URL一覧を簡単にリンク付きのWEBページにする

文●今淳一

URLを簡単にリンクにする方法はいくつかありますが、今回は一覧をまとめてリンクにするテクニックを紹介します。

複数行にわたるURLの一覧をまとめてリンク化するのに手っ取り早いのは、メールを利用する方法です。メールにURLを貼り付けて送信すると、受信時にはリンク付きになっている、というのを利用します。

このように、自分宛にURL一覧を貼ったメールを出すだけで、URLがリンク付きのリッチテキストになります。





あとは「テキストエディット」などのテキストエディタに、このリッチテキストをコピー&ペーストして、保存時にHTML形式を選択すればそのままWEBブラウザで開けるWEBページになります。





実はテキストエディット単体でも、ただURLをコピー&ペーストするだけでリンク付きにできるのですが、複数行にまたがるとうまく機能しません。URLごとにいったん改行を入れる作業が必要なので、量が多いときはメールを利用するのが楽です。

この方法で便利なのは「テキストのURL」から、このようにHTMLとしてのリンクを一発で大量生成できる点です。使いどころは限られますが、ホームページやブログを運営している場合、役に立つこともあると思います。



この手のものは、一個一個設定するのは苦にならなくても、大量になると、とても手作業ではやっていられなくなります。テキストの検索・置換と組み合わせると大幅に工数を減らせるので、どうぞご参考に。



同カテゴリ記事一覧