プロダクト&リリース iなmono HARDWARE

iPadをMacのように使えるLogicoolの新キーボード

文●古田 誠

「Logicool UNIVERSAL FOLIO uK1050」は、iPadでも使えるブルートゥース接続のキーボード新製品です。

カバー状に包むキーボード

本末転倒なのは十分わかっていますが、iPadを外付けキーボードで操作すればもっと便利だろうなと思うようになってきました。完成度の高いソフトウェアキーボードにはなんの不満もないのですが、仕事柄たくさん文字を打つことが多いためでしょうか。そこで、ロジクールの新製品「ロジクール・ユニバーサル・フォリオ(Logicool UNIVERSAL FOLIO)」を使ってみることにしました。

さっそくiPadとペアリング。電源を入れて1分もすれば、ほぼ一発でブルートゥース接続できます。この快適さには思わずほくそ笑んでしまいました。また、本製品はカバータイプなので、iPadを中に収めてキーボードと一緒に持ち運ぶことができます。カバー上面に付いているゴムバンドで全体を押さえる構造ですが、「ゴムバンドが使えなくなったらどうしよう…」と一抹の不安が残ります。また、ゴムバンドで押さえても三方が露出してしまい、キーボードやiPadをスキマから覗けてしまうのは、雨の日などを想定するとやや心配。全体をスッポリと入れられるバッグが付いていれば言うことなしなのですが。

 

ゴムバンドで持ち運びも簡単

  • 794f3616d6cac59851e94f7d5aa1fa4e.jpg

上蓋に付属したゴムバンドは、iPadをキーボードに挟んで移動する際に非常に便利。これとグリップでiPadをズレることなく留めておけます。さりげなく重要な仕事をしていますね。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧