プロダクト&リリース iなmono HARDWARE

ディスプレイの進化「10.5インチ iPad Pro」

文●大野文彰

「10.5インチ iPad Pro」は、大きな進化を果たしました。イラストレーターが使った使用感をレポート。

ベゼルが狭いって素晴らしい

イラストを描くために初代iPadプロ12.9インチを購入して約1年半。もうこれとアップルペンシルなしでは仕事にならないほど使いまくってきました。僕の場合、イラストの仕上げはMacで行うことが多いので、iPadプロはほぼ下描き担当マシンです。大量に描いてPDFファイルとして出力し、クライアントに確認してもらうまでの作業を効率良くこなせるので、とっても重宝しています。

しかし、タブレットとしてはあまりに巨大なため、打ち合わせに持っていくと「でかっ!」って言われることもしばしば。重量もそれなりにあるので、とりまわしやすさを考えるともう少し小さく軽いほうがいいかな…と思っていました。そんな矢先、アップル愛の強い僕の気持ちが遠くカリフォルニアにあるアップル本社まで届いたのか、ちょうどいい大きさの10・5インチ版iPadプロが発売されました。愛の力ってすごい。

本体は小さく軽いほうがいいけど、画面は小さいと嫌だなぁという無茶振りに、いったいどう答えるんだアップル。ジェントルなティム・クックCEOだってこんなわがままに激昂するんじゃないかと不安に思っていましたが、iPadプロ10.5インチはそれを上手に解決しています。ベゼルを細くするという割とシンプルな方法で、9.7インチのiPadを気持ち縦長にしたかなという程度のサイズ感にまとめています。それでいて画面のサイズは9.7インチよりも明らかに広くなったのを実感できました。画面は大きく、本体は小さくという禅問答のような問いかけを見事にクリアしています。

重量も12.9インチiPadプロ(初代)が700グラム以上あったのに比べると、400グラム台後半に抑えてくれたのでかなり軽く感じます。これなら普段カバンに入れて持ち歩いても苦にならないので、手帳やノート代わりに使う人も増えるかもしれません。もし僕が大学生だったら、レポート用紙は捨ててこれ1台で授業に臨みますね。

ただ、皆が期待していた夢の「4辺すべてが狭額縁」ではありません。いずれはタッチIDをディスプレイに埋め込んで、さらにベゼルレスを進めてほしいものです。カリフォルニアへ届け、僕の気持ち!

 

 

  • 6b726e38be1d0aeaae6c50f728cccb95.jpg
  • c62c1a8a4ad10e9f5c4755a9f575684e.jpg



続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録