レクチャー マックワーカーの足し並み

スラスラ作れるガントチャートツールを選ぶ

文●村田有紀©ostill

ビジネスの現場で役立つ、Macと一緒に使えるソフト、使えるサービス、使えるアイデアがここに。

今月のお題

プロジェクト管理を任されるようになり、チーム内の作業を俯瞰し円滑に進めるために作り始めたガントチャート。しかし、作り込めば作り込むほど時間がかかってしまいます。もっと簡単に作れるツールがあれば使いたい!

…ということで、

スラスラ作れるガントチャートツールを選ぶ

 

 

 

作業の工程をビジュアル化ガントチャートを利用する

プロジェクトの開始から完了までのタイムライン上に、タスクと実際にかかった時間などを棒グラフで視覚化した工程表を「ガントチャート」といいます。作ったことはなくても、見たことはあるのではないでしょうか。ちなみに、「ガントチャート」という呼び名は、考案者の名前ヘンリー・ガントに由来します。

多くの現場で利用されているガントチャートですが、一般的にはエクセルなどの表計算ソフトを使って作成することが多いようです。一見シンプルなようでいて、表計算ソフトでの作成にはそれなりに時間を要します。また、一度作ったら終わりではなく、タスクが遂行されるたびに更新したり、状況が変われば関連するほかの作業工程を見直したりと、管理者は常にガントチャートと向き合うことになります。

そんな事情があっては、少しでも効率よくガントチャートが作れるツールが欲しくなるのも当然ですよね。さっそく使えるWEBサービスを探してみました。

WEBサービスなら情報共有も容易にできる

管理者としては、ガントチャート、スケジュール、そしてタスク管理はセットになっていて、相互に連係するものが理想です。また、プロジェクトに関わるメンバーと共有できることも求められます。もちろん、チャートがスイスイ作れることが大前提。

ということで、今回は「ブラビオ(Brabio)」をピックアップします。ブラビオは、クラウド型のプロジェクト管理ツールで、すべての操作をWEBブラウザから行います。公式WEBサイトで「エクセルの10倍速い」とうたうだけあって、初心者でも直感的な操作でガントチャートが作れます。作成した工程表は、エクセル形式のファイルに書き出しが可能なので、ファイルでの配布が必要な場合でもすぐに対応できます。

ブラビオの機能はガントチャートだけではありません。カレンダーやタスクリストなどのツールも充実。メンバー間の連絡ボードや、グループ内の進捗を確認できるカレンダーなど、複数人の作業を管理する機能も万全。また、管理者とスタッフ、パートナーなどユーザモードを設定することで、タスクの共有範囲を制限することも可能です。ブラビオをうまく活用して、プロジェクトを円滑に進めましょう。

 

足し並みソフト

038909ee3a0878e02be2e5a1024eca1f.jpg

Brabio

【開発】ブラビオ株式会社 
【価格】無料(有料プランあり)
【URL】http://brabio.jp

  • b9afaa817ac2000cbdfe89625906266b.jpg

ガントチャートが簡単に作れるWEBブラウザベースのプロジェクト管理ツール。個人や数人のチームから100人以上の規模の企業まで、グループウェアとしても優秀。料金体系は、5ユーザまで利用できる無料プランのほか、エントリープラン(~50ユーザまで)、ミッドレンジプラン(~300ユーザまで)、エンタープライズプラン(カスタム)と、利用ユーザ数による3段階のプランが用意されています。すでに多くの企業で採用されており、信頼性も高いといえるでしょう。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧