便利技 他人事Tips

設定次第で文字入力の重さは劇的に改善する

文●今淳一

Macで文字の入力や変換が重たくなってしまったことはありませんか? そんなときにはこうした設定を見直しましょう。

Macを長期間利用していると、動作が重たくなったり、起動に時間がかかったりする場合があります。中でも、文字入力や変換に重さを感じるようになると、大変ストレスを感じるものです。この手の症状は各種のメンテナンスを行うことでおおむね解決するものですが、今回は文字入力に関する設定の見直しをメインに、より軽快にMacを使用する方法を考えてみます。

まずは、システム環境設定の[キーボード]を開きましょう。



[キーボード]タブの[キーのリピート]および[リピート入力認識までの時間]をチェックしましょう。「キーのリピート」とは、キーを押しっぱなしにしたときに行われる連続入力のことです。その速さを設定できます。この設定において具体的に役立つのは、「delete」キーを押しっぱなしにして文字列を削除するときでしょう。キーリピートが速いと素早く削除できます。また、「リピート入力認識までの時間」は、誤操作を防ぐ「溜め」の時間の設定になります。

このあたりは操作の慣れと好みによる部分が大きく、慣れない状態であまり高速に設定すると間違って文字を消しすぎたり、意図せず連続入力になってしまい、効率が落ちてしまう事もあります。最速に設定するのではなく、好みにあわせるのがポイントです。

また、Mac標準の日本語入力を使っている場合は[入力ソース]タブにある日本語の設定から、[ライブ変換]の項目を確認しましょう。自動的に変換をしてくれるライブ変換機能は便利なのですが、環境によっては入力・変換の重さの原因になっていることもあります。



最後に、盲点になりがちな部分として「フォントの重複」というものがあります。フォントが重複していると文字入力が遅くなったり、システムそのものが不安定になったりするのですが、一般的なメンテナンスではあまり気にされない部分です。「フォントブック」ソフトを開き、[編集]メニューの[使用可能な重複項目を検索…]を選択しましょう。重複項目が見つかった場合は[自動的に解決]を選択するなり、手動で重複項目を停止・削除すればOKです。

保存保存


同カテゴリ記事一覧