特集 特集

ライバルにはないHomePodが持つ独自の強み

【WWDC2017】HomePod⑤

文●大谷和利写真●Apple.com松村太郎

AmazonやGoogleのスマートスピーカに勝てるのか?

ホームポッドのスペックは先行するライバルを上回っているが、発表タイミング的には、WWDC 2017が乗り遅れずに済むギリギリのところであり、しかも出荷が12月になることを考えると、完全に後手に回っていることは否めない。ライバル製品の素性を明らかにしながら、アップルの強みに関して考察する。

 

先見の明が光るエコー

一見、何の変哲もない黒色の円筒形スピーカ、アマゾン・エコーは、2015年の6月に一般販売が開始された(プライムメンバーと招待者には2014年の11月からテスト販売)。そこから約2年で、これがホームデバイス市場の主役になるとは、当のアマゾン自身も思っていなかったかもしれない。

しかし、同社は過去にも、アップルがライセンスを受けたオンラインストアにおけるワンタッチ決済を促進するワンクリック特許や、ボタンのひと押しで紐付けされた商品を発注できる「ダッシュボタン(Dash Button)」など、消費者とのコンタクトポイントを可能な限り増やし、購買に至る障壁をできる限り取り除くための方策を次々に打ち出してきた歴史がある。

アマゾン・エコーも、その根本には「デジタルの御用聞き」的な発想があり、人間にとってもっとも自然なコミュニケーション手段である対話によって必要なものを発注できるという機能性を核に作られたと考えられる。

しかし、一方では、実質無料でも元が取れるDash Buttonに対して、それなりのコストとバックエンドシステムが必要となるこのデバイスの場合、発注専用ではなく、家庭の中に溶け込み、生活の一部になることが重要といえた。

いきなりやって来て、注文だけ取って帰るセールスパーソンよりも、普段から相談相手になってくれて、そのついでに足りないものの発注も受けてくれるという馴染みの店のほうで買い物をしたいと思うのが、人間心理というもの。もちろん、買い物以外の情報から得られるビッグデータもアマゾンにとっては貴重であり、生活の中心に置かれることでホームオートメーションにも関わることができるため、アマゾン・エコーは多機能な家庭用のデジタルハブデバイスとなったのである。

事実、アマゾン・エコーの利用法の中で注文処理の割合はさほど高くないともいわれるが、すでに800万台以上を売り上げ、スマートスピーカの7割以上のシェア(イーマーケッター調べ)を持つだけに、それでも十分な効果を上げていると思われる。

エコーの頭脳にあたるクラウドベースのAI応答サービス「アレクサ(Alexa)」は、天気予報や交通情報、ニュースなどの情報取得やアマゾン・ミュージックなどの音楽再生に利用できるほか、サードパーティも参入可能な「スキル」と呼ばれるボイス対応アプリのインフラとしても機能する。また、純正の「スマートホームスキルAPI」を使えば、エコー対応のホームオートメーションデバイスも開発できる。その結果、1万を超えるスキルと、50を超える対応製品がエコーのエコシステムを支える状況が生まれている。

さらに、毎日の服装の記録をクラウド上に残せたり、ファッションのアドバイスをしてくれるカメラ付きの「エコールック(Echo Look)」や、タッチスクリーン付きでまさにホームコンピュータ的なポジショニングの「エコーショウ(Echo Show)」もラインアップに加わり、エコーファミリーのホームデバイス市場での快進撃は、まだしばらく続きそうだ。

ちなみに、ここで採り上げた3社の製品の中でアマゾン・エコーは、唯一、ブルートゥースによるストリーミング音楽再生をサポートしており、他のスマートデバイスからの受信や他のスピーカに対する送信が可能である。

 

Amazon Echo

  • 7e90a8e006900f4cf9051abd06aa3264.jpg

現在のスマートスピーカの原型となったAmazon Echoは、円筒形のシンプルなデザイン。ディスプレイなしに音声応答のみで機能する電子機器に市場性があることを、初めて証明した。

[スペック]サイズ:高さ235mm、直径84mm/重量:1.064kg/CPU:Texas Instruments DM3725CUS100/音声認識AI:Alexa/カラーバリエーション:1色(ブラック)/オーディオ仕様:ウーファ、1基のツイータ、7基のマイクロフォンアレイ/ワイヤレス仕様:802.11a/b/g/n(2.4GHz/5Ghz) Wi-Fi(通信品質向上技術MIMO対応)Bluetooth 4.0/対応言語:英語、ドイツ語/対応ミュージックサービス:Amazon Music,Prime Music, Amazon Music Unlimited, Spotify Premium, Pandora, TuneIn, iHeartRadio, Audible/マルチルームスピーカ対応:×(将来的にはEcho間で実現予定)/価格:139ドル99セント




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

【WWDC2017】HomePod④

<<

「【WWDC2017】HomePod①」の目次