レクチャー マックワーカーの足し並み

WEBサービス「Slides」を使ってブラウザでスライド作成!

文●村田有紀?ostill

ビジネスの現場で役立つ、Macと一緒に使えるソフト、使えるサービス、使えるアイデアがここに。

今月のお題

パワーポイントやキーノートでのプレゼン資料作りはそこそこ慣れてきた。でも、WEBでスイスイ動くスライドとなると話は別。今すぐ使えて、すぐにネットで公開できるツールがあったらなぁ…。

…ということで、

ブラウザでスライド作成! WEBで公開プレゼン!

 

 

 

オンラインでスライドを作成

プレゼンテーションといえば、欠かせないのがスライドを作成するツール。マイクロソフトの「パワーポイント(PowerPoint)」やアップルの「キーノート(Keynote)」は、今や学生やビジネスパーソン必携のツールとなっています。そんな中、近年増えているのがWEBサービスによるスライド作成ツール。特に、オンラインコンテンツの制作現場などで重宝されているようです。

実際にWEBサービスのスライド作成ツールを使ってみると、プレゼン資料が手軽に作れることに驚かされます。加えて、電子パンフレットやWEBサイトのトップに埋め込むスライド作成ツールとしても優秀といえます。作成したプレゼン資料をインターネット経由で公開する場合にも、わざわざPDFを作成したり特別なツールを使って書き出したりする必要がなく、そのまま公開できます。オンラインコンテンツとの親和性の高さを確信しました。

プレゼンテーションのライブ配信も簡単に実現

今回ピックアップしたのは、その名も「スライズ(Slides)」。WEBブラウザを介してスライドを作成するWEBサービスです。スライド制作を始め、完成したスライドを使ったライブプレゼンテーションまで、すべてがWEBブラウザで完結するユニークなシステムが特徴です。

スライズにあらかじめ用意されているテーマやレイアウトは非常にシンプル。レイアウトの自由度は高く、そのままテキストを置き換えればイマ風のフラットデザインに。また、背景に画像や動画を挿入したり図形や線をうまく配置したりすれば、作り込んだスライドにすることも可能です。

ただし、スライズで作成したスライドは、オンラインでの公開が前提のため、フォントの選択肢が多くありません。特に、日本語に関しては明朝とゴシックの2択になってしまいます。その解決策となるのが「スタイルエディタ」です。スタイルエディタを使えば、HTMLやCSSを用いてより柔軟なデザインを施すことができるほか、グーグルやタイプキットのWEBフォントを組み込んで利用することもできます。スタイルエディタは有料版限定の機能ですが、ライブプレゼンテーションや、WEBコンテンツ制作での利用を考えるなら、検討する価値は大いにありそうです。

 

足し並みソフト

a555755f25ff75d43901b024d71eaae6.jpg

Slides

【開発】Slides, Inc.
【価格】無料(有料版有り)
【URL】https://slides.com

 

  • a279017b80f10d86f55d253e8e9f7873.jpg

WEBブラウザで動作するプレゼンテーションサービス。スライドの作成からプレゼンまですべてがブラウザで完結します。スライド制作の段階から専用サーバにデータを置くため、完成後すぐにライブでプレゼンを配信できるのも特長。なお無料版で作成したスライドはすべてネット上に公開されます。有料版ではプライベート利用やPDFなどへの書き出しに対応します。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧