アラカルト Macintoshビギンズ

'物価の超優等生(?)ハードディスク

1MB=1万円だった時代

文●大谷和利

Blast from the past ── あの頃の懐かしい思い出

ウィンチェスターディスクとProFile

今日ではすっかり死語となったが、'70年代後半から'80年代前半にかけて、ハードディスクはウィンチェスターディスクと呼ばれることが多かった。しかし、その名を初めて聞いたときには、意味不明な名称だと思ったものだ。検索エンジンなどない時代のこと、いくつか資料をあたるうち、それがIBM製の大容量ストレージ機器だとわかった。

もともとハードディスクの商用化は1956年にIBMによって行われ、その際には「ディスクファイル」と呼ばれていた。しかし、磁気ディスク部分が交換式で構造的に小型化には向かない。そこで、全要素を一体化し、コンパクトで大容量化しやすく改良したものが、ウィンチェスターディスクだったのである。

「ウィンチェスター」は、IBM内部の開発コードネームだ。その由来は、かつて単発式のライフル銃をレバーアクションという仕組みによって連射可能とし、「西部を征服した銃」の異名をとったウィンチェスターライフルにあやかったものと勝手に推測していたが、この原稿のために改めて調べると、そのとおりだった。

ウィンチェスターディスクは、サンノゼにあるIBM施設で開発されたが、同市内には、かつてのウィンチェスターライフルのメーカー創業者の未亡人の住居で、現在は幽霊屋敷として史跡兼観光名所になっているウィンチェスター・ミステリーハウスもある。たぶん、そのことも影響したのだろう。

話を戻すと、フロッピーディスクの何十倍ものデータを高速に読み書きできるウィンチェスターディスクの名称は、一般名詞化して他社も使うようになり、アップルはシーゲート製のユニットを用いてProFileの製品名で商品化した。そして、Apple IIIやMacの前身のLisaの周辺機器として販売されたが、容量5MBでアメリカ現地価格が3499ドル! とても手が出ないうえ、Macには対応していなかったこともあって、憧れの存在だった。

 



続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧