Command+Eye Command+Eye

Microsoftの開発者カンファレンスにて年内提供開始を発表

Windows StoreにiTunes登場!Appleの狙いは吉と出るか?

文●山下洋一

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

Microsoftの開発者カンファレンス「Build 2017」にて、Windows Store(ウィンドウズストア)版iTunesの年内提供開始が発表された。アナリストやユーザの反応は真っ二つに分かれており、「Microsoftの策にAppleが陥落した」と見る人がいれば、Appleの英断と拍手を送る人もいる。

 

「開放性」を制限するストア

アップルはiPod時代からウィンドウズ向けに「iTunes」を提供し、iPodやiPhoneの使用をきっかけに、数多くのウィンドウズユーザをMacに転向させてきた。そんな歴史を積み重ねてきたウィンドウズ用iTunesの「ウインドウズストア版」が年内に登場する。

ウィンドウズストア版の発表は、マイクロソフトの開発者カンファレンス「ビルド2017(Build 2017)」で話題を呼んだニュースの1つになった。今日のウィンドウズには、サードパーティが自由にソフトウェアを提供できるウィンドウズならではの開放的なプラットフォームとは異なる環境が存在する。それがウィンドウズストアだ。簡単に説明すると、Macアップストア(Mac App Store)のようなアプリストアである。マイクロソフトが配布とアップデート、販売と購入を管理することで、ソフトウェアの品質や安全性を維持する。ユーザはウィンドウズストアを利用することで、マルウェアや不正に個人情報を収集するような危険なソフトのインストールを避けられる。

しかしながら、見方を変えると、さまざまな条件が課されるウィンドウズストアでは、開発者とユーザの自由が制限され、流通やマーケティングを含めてソフトウェアのエコシステムがマイクロソフトにコントロールされる。開放性がウィンドウズPCの強みだっただけに、アドビのようなユーザに製品を直接提供できているソフトウェアベンダーは従来の環境にとどまった。またアップルやグーグルなど、マイクロソフトとプラットフォームで争う企業も製品提供に慎重だ。

PC時代を制したウィンドウズPCが減速し続ける中、マイクロソフトはモバイルやスマートデバイス、IoTにウィンドウズを広げようとしている。そのためには管理が行き届いて安全なウィンドウズストアを充実させたいが、開発者の関心を喚起できていないのが現状だ。

 

 

  • e9346c19efebbc635903b52ebd5f2d2b.jpg

Windows Store対応アプリは、スマートフォンやARデバイスなどあらゆる種類のWindows 10デバイスを想定して構築するものと、既存のWindows PC向けソフトからコンバータを使って作成するものの2種類がある。その選択で製品戦略が異なってくるが、iTunesがどちらになるか現時点では不明。【URL】https://channel9.msdn.com/Events/Build/2017/KEY02




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧