Command+Eye Command+Eye

可能性を広げ成長する、アップル発のプログラミング言語

Swift Playgroundsでロボットを動かそう!

文●氷川りそな

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

昨年のWWDCで発表され、大きく話題を呼んだiPad用プログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」がアップデート。新機能として6つのベンダーのロボットや電子楽器など外部電子デバイスの制御に対応した。学習のしやすさでも定評のある同アプリだが、新機能の使い心地はどんなものなのか。

 

 

  • e7fe6307c5ea83856da12b6878086f85.jpg

ドローンの先駆者であり、業界をリードするParrotは小型モデルの「Mambo(写真)」や「Airborne」「Rolling Spider」といった人気ラインアップが対応する。離陸や着陸はもちろん、転回、宙返り、ホバリングといったドローン特有の動作をプログラミングできめ細かく制御することができる。

71720036026474025ae3815eb551f971.jpg

Swift Playgrounds

【発売】Apple
【価格】無料
【場所】Mac App Store>教育
【備考】iPad版のみ提供

Parrot Mambo MiniDrone

【発売】Parrot
【価格】1万5000円(税別)
【URL】https://goo.gl/5cPqQy

 

 

期待以上の成長曲線

アップルが昨年のWWDCで発表したiPad向けのアプリ「スウィフト・プレイグラウンズ(Swift Playgrounds)」が教育市場で高い注目を集めている。これは、同社が開発・推進を進めている次世代のプログラミング言語「スウィフト(Swift)」のコードを実際に自分で試しながらインタラクティブに体験することができる学生、および初心者向けの学習アプリだ。

その中で提供されている「コードを学ぼう(Learn to Code)」といったコンテンツは、単なる言語としてのスウィフトの学習にとどまらず、開発するうえで欠かせない「プログラミング的思考」といった素養をゲーム感覚で学べる仕組みになっている。こうしたコンテンツをアップル自ら提供しているのも大きなポイントといえる。

このように非常に高い評価を受けるスウィフト・プレイグラウンズは、6月5日にバージョンが1.5へとアップデートされた。その目玉となる新機能としてスウィフト用に提供されたフレームワークによってロボットやドローン、電子楽器といった外部デバイスのコントロールに対応することが発表された。

このアップデートの魅力を高めているのは、対応するベンダーの製品群に間違いない。中でも注目度が高いのはレゴの「マインドストーム」が参入を表明したことだろう。自由に組み立てができるブロック状の玩具、レゴにモータやセンサを加えてロボットや機械を作ることができるマインドストームは、教育市場だけでなくエンジニアリングの研修や製品のプロトタイプ作りにも用いられるほどの信頼と実績があるブランドの1つだからだ。

またレゴのほかにも、さまざまなセンサを内蔵したボール型のスフィロ(Sphero)のロボット「スフィロ」や、小型のドローンとして高い人気を誇るパロット(Parrot)の「マンボ」「エアボーン」「ローリングスパイダー」、関節にモータを持ち歩行やダンスが可能なUBTECHのロボット「ジムロボット」、ライトやスピーカを内蔵し障害物センサも持つワンダーワークショップ(Wonder Workshop)の走行ロボット「ダッシュ」、さらに押したり握ったりといった感覚に反応するダイナミックタッチインターフェイスを搭載したスクーグ(Skoogmusic)の電子楽器「スクーグ」といったデバイスも対応するなど、最初から選択肢が豊富なのも魅力的である。

加えて、今回対応したすべてが「すでに市場にあるもの」でなおかつ「プログラミング環境がすでに提供されている」製品だということは大きな特徴だ。既存のハードウェアユーザが、買い直すことなくスウィフト・プレイグラウンズを導入するだけで試せるメリットは大きく、これは筆者としても高く評価したいポイントといえる。

また、各製品は独自のプラットフォームでプログラミング環境を提供しているにも関わらず、新たにスウィフト向けに制御用フレームワークを提供するという意義も大きい。これはアップルがスウィフトをより汎用的なプログラミング言語として拡充しようという意気込みの表れでもあり、それに賛同するベンダーがすでに動き始めているという現実が、このアプリの可能性の高さを如実に表しているとも言えるだろう。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧