Command+Eye Command+Eye

Apple Storeは直販店から“現代の公共広場”へ生まれ変わる

Apple Store全店で新プログラム「Today at Apple」スタート

文●らいら

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

Apple Store全495店において、音楽やアート&デザインなどの幅広い分野を、数十種類の実践的な講座で学べる新たな無料体験プログラム「Today at Apple」が始まった。キックオフとなるApple銀座のフォトウォーク講座に参加し、プロからiPhoneカメラの撮影技術を楽しく学ぶ現場を取材した。

 

現代版の公共広場を目指して

「アップル製品の中で、今一番ワクワクさせられるものは?」

もしそんな質問をされたら、新型iPadプロでもスマートスピーカ「ホームポッド」でもなく、私は「アップルストア」と答えるだろう。2013年、アップルの小売部門を統括する上級副社長に、元バーバリーCEOのアンジェラ・アーレンツ氏が就任して以降のアップルストアは面白い。特に2015年、アーレンツ氏と最高デザイン責任者のジョニー・アイヴ氏が協力し、アップルストアのデザインを見直す取り組みを始めてから、ハード・ソフトの両面で革新が起きている。

彼らの手腕により、今やアップルストアは直販店の枠を超え、教育や学術、文化を学ぶ場に変貌を遂げつつある。ハード面の変化は、禁煙オープンした旗艦店を見るとわかりやすい。2016年リニューアルのアップルユニオンスクエア(米サンフランシスコ)など、一部の旗艦店には、地域住民が自由に利用できるコミュニティスペースが設けられ、住民が集う憩いの場としての役割も担う。さらに2016年にアップルは、直営店名から「ストア」を取り、「アップル銀座」といった「社名+地名」の名称に改めた。以前からワークショップ等は行われていたが、それらの学習体験の場をより全面に押し出していくよう方向転換が始まっている。

ソフト面でその(革新の)中核を担うのが、新体験プログラム「トゥデイ・アット・アップル(Today at Apple)」だ。開始にあたり、各アップルストアには可動型スクリーンのフォーラムディスプレイが新たに設置されるほか、座席や音響も新しいものになる。スクリーンは、今回のためにアップルのデザインチームが特別に制作したというから、彼らがいかにこの取り組みに力を入れているかがわかる。

アーレンツ氏はトゥデイ・アット・アップルのリリースで、アップルストアが目指す未来の姿を「現代版の公共広場」と表現した。アップル製品による体験に加え、人および新たな趣味との出会いや、スキルアップの機会を提供し、顧客の感動を生み出す。その結果、顧客も企業のファンとなり、パートナーシップを感じるようになる。アップルストアをとおして、顧客と健全かつ良好な関係を築くことができるのだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧