便利技 他人事Tips

iPhone写真に注釈を入れる簡単な方法

文●今淳一

iOS 10の「写真」アプリでは「Markup(マークアップ)」という新機能によって、簡単に写真に注釈を添えられるようになりました。

写真に注釈を入れたり、強調したい箇所を丸や四角で囲んだり、矢印を使ったりすれば、格段に意図を伝えやすくなります。「写真」アプリでは、iOS 10から使えるようになったMarkup機能によって、気軽にこういった編集ができるようになりました。

まずは編集したい写真を表示し、下部にある「編集」ボタン、そこから左上にあるボタン、とタップして、[マークアップ]を選択しましょう。[マークアップ]では、下部メニューの左から順番に、「線を引く・図形を描く」「一部分を拡大する」「テキストを入力する」「元に戻す」と機能が並んでいます。指でスライドしたり、ピンチで拡大/縮小したりと、基本操作は直感的にできます。



線を引く場合はフリーハンドになりますが、このように円を描くと自動的にきれいな形にシェイプアップしてくれる機能もあります。



拡大鏡やテキストを追加してみました。また、円に限らずほかの図形や、そしてこのように矢印もシェイプアップ可能です。うまく矢印として認識させるには、一筆書きで三角と線を描くとよいです。



意外にできることが多いので、ぜひ試してみてください。



同カテゴリ記事一覧