便利技 他人事Tips

iPhoneの音楽をMacで再生する方法

文●今淳一

iPhoneで流す音をMacで再生できる、ちょっとしたテクニックを紹介しましょう。AirPlay(エアプレイ)やBluetooth対応機器がないときに役立ちます。

通常、iPhoneの「ミュージック」アプリにある音楽をMacで再生したい場合、Apple Musicを使ったり、ホームシェアリングで共有したりする必要があります。しかし、これらの手段は同一のApple IDが要求されるため、ホームパーティーなど、友人の持ち込んだiPhoneの音楽を皆で楽しみたい、というような場合には使えません。
そんなときには、iPhoneをMacに接続して、Macをスピーカ代わりにしてしまいましょう。まずは、QuickTime Playerを起動してください。

メニューバーにある[ファイル]から[新規オーディオ収録]を選択し、中央にある録音ボタンの隣をクリックすると、サウンドの入力先をiPhoneに切り替えられます。



これは、iPhoneで鳴るサウンドすべての出力先をMacのQuickTime Playerに切り替えた、ということです。つまり、iPhoneからはサウンドが鳴らなくなり、Mac側でのみ流れます。最初は消音状態に設定されているので、音量のスライダを調整して適切な音量にするのを忘れないようにしてください。

録音ボタンを押せばそこから録音されますが、待機している状態だと、そのままiPhoneのサウンドが流れ続ける状態になります。この方法を使うと、たとえばiPhoneで遊んでいるゲームアプリのサウンドをMac側で流すことも可能です。ただし、メールや電話の着信などもすべて流れてしまうので、その点は注意しましょう。



同カテゴリ記事一覧