便利技 他人事Tips

iMessageで「既読スルー」を避ける

文●今淳一

iOS 10でiMessageに追加された「TapBack(タップバック)」という機能を使って「既読スルー」問題を解決しましょう。

主にLINEでのやりとりで、もめごとになりがちな「既読スルー」。iMessageの場合でも、開封証明を使うと「メッセージは読んだけど返信はしていない」のがわかってしまいます。とはいえ、メッセージは見たけれど、すぐに返信ができない場合は往々にしてあるもの。そんなときは、見てすぐに対応できる、iOS 10の「TapBack」機能を使うのがよいでしょう。これはメッセージに対して「いいね!」や「笑」などのリアクションを返す機能です。

メッセージを長押しするとハートやいいね、「笑」などのアイコンが並びます。このアイコンをタップすれば、メッセージに対してリアクションを返せます。TapBackされたメッセージを再度長押しすることで、付けたリアクションの変更も可能です。



既読スルーの怒りの要因はおおむね「読んだのに何のリアクションもない」ことだと思います。TapBackを使えば、とりあえずの簡素な一言返信よりも、うまくニュアンスを伝えられるかも。積極的に活用してみてはいかがでしょうか。



同カテゴリ記事一覧