アラカルト Macの知恵の実

うるさいプッシュ通知をなんとかできないの?

文●牧野武文

フリーライター・牧野武文氏が消費者目線でApple周りの事象を独自の視点で考察。

iPhoneやiPadのプッシュ通知は、仕事の効率を高めてくれる機能である。しかし、これが集中の邪魔をして振り回されてしまうという人が意外にも多い。だが、ちょっとした設定のコツをつかめば、通知の使い勝手を大きく改善できる。うるさい通知を静かにさせるにはどうすればいいのか? これが今回の疑問だ。

 

 

便利か邪魔かは運用次第で変わる

あるIT企業のエンジニアから「スラック(Slack)などの社内SNSを導入したら、かえって仕事の効率が落ちた気がする」というボヤキを聞いた。ありえる話だ。スラックやシスコスパーク(Cisco Spark)といった社内/グループ内SNSは、本来は仕事の効率を飛躍的に高めてくれるツールなのだが、一歩使い方を間違えると、効率を低下させてしまう危険性を秘めている。

といっても、簡単なことに気をつけるだけでいい。1つは「すぐに返事をしなくてもいい」、もう1つは「余計なメッセージを出さない」。この2つのルールを守るだけだ。

すぐに返事をしなければならない空気がその集団に蔓延していると、どんな仕事をしていても中断して返事を書くことになってしまう。これでは仕事に集中できるわけがない。スラックなどの非同期コミュニケーションツールの利点は「非同期なので、自分と相手の集中を邪魔しない」ことなのだから、自分のペースで仕事の区切りがついてから返事をすればいい。

急ぎの用事で、相手の集中を邪魔しても割り込まなけれならない要件があるときは、仕事なのだから同期コミュニケーションである電話やフェイスタイムを使えばいいのだ。

もう1つの「余計なメッセージを出さない」というのは、たとえば、資料をグループ全員に共有すると「受け取りました。ありがとうございました」と返事を返してくる人がいる。丁寧で礼儀正しいとは思うが、これはかえって迷惑。10名のグループだったら、最悪9通の「ありがとうございました」が返ってくることになり、iPhoneのプッシュ通知が鳴りっぱなしになる。このような不要なメッセージを送らない感覚を共有する必要がある。

集中したいときはiPhoneを伏せる

また、ノマド環境でよく見かけるのが、MacBookでの仕事中にiPhoneも見えるように並べて仕事をしている人。何かプッシュ通知が入ると仕事を中断して、返事を書いたりしている。これも、仕事に集中することができず、効率を落とす原因になっている。

仕事中はiPhoneは伏せておくのが基本だ。iPhone 5s以降では、伏せて置いておくとプッシュ通知が来ても画面が点灯しない(サウンドは鳴る)。上向きにしておくとスリープしていても、プッシュ通知が来ると画面が点灯するので、どうしても目がいってしまう。それだけでも、集中が途切れることになる。

“集中”といっても、本気で集中できる時間など個人差こそあれ1時間ほどが限界なのだから、がっつり仕事に向かったあとで集中を解いたら、iPhoneを開けてプッシュ通知を見て処理したほうがリズムを作りやすくなるはずだ。

 

文●牧野武文

フリーライター。iPhone、iPadの通知をMacに転送してくれるNotifyrというアプリがあったが、現在は利用できない。アップルのAPI使用ルールに違反していたため、削除されてしまったようだ。次期macOSでこの機能が搭載されることを期待したい。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧