特集 特集

なたが買うのはどっち?

MacBook vs Surface

文●加藤勝明栗原亮小平淳一中村朝美氷川りそな山田井ユウキ写真●黒田彰

これからノートPCを購入しようと考えている人の中には、「MacBookとSurfaceどっちを買えばいいの?」と悩んでいる人も多いでしょう。ここでは、今もっとも気になる2台を比較してみました。

MacBook

  • eea0575c47d0e4d7c3756e9d515fb097.jpg

主な特徴はここ!

●驚くほど軽いからどこにでも持ち運べる
●USB-Cポート1基のみで余計なものがない
●徹底した省電力で1日使ってもバッテリが持つ

 

MacBookPro

  • 7034aea8a52a7f15d9d9badd9698d907.jpg

主な特徴はここ!

●タッチバー搭載で直感的な操作ができる
●ノート型Macの中でもっともディスプレイがきれい
●大きなトラックパッドで広々と操作可能

 

Surface Pro 4

  • d11d092082646d09eaff2e351cd63330.jpg

主な特徴はここ!

●2in1だからPCとしてもタブレットとしても使える
●ディスプレイがタッチ操作に対応している
●従来の周辺機器がそのまま使える

 

MacBookとSurface Pro 4の比較表

  • 9ee2ea274198f53fdb4b1ac93dd86e81.jpg

 

見極めのコツ▶︎バッテリが長持ちするのは?

サーフェスプロ4(Surface Pro 4)の公称バッテリ性能は、動画再生最大約9時間。同様の基準で比較した場合、MacBookは最大11時間となっています。使用する環境で連続稼働時間は変動しますが、同じ作業をするのであれば、MacBookのほうが20パーセント程度長いバッテリ駆動時間が得られると考えてよいでしょう。

しかし、バッテリ性能に重要なのは、使用しているときだけではありません。PCを使わずにスリープさせている間も、電力はわずかずつですが消費されていきます。初期設定状態で比較した場合、MacBookは最大30日間スタンバイ状態を維持することができますが、一方でサーフェスプロ4は数日(短ければ翌日)にはバッテリが上がってしまいます。

細やかな電源管理がハードウェアレベルまで行き届いており、本当の意味で「バッテリの消費時間を気にしないモバイル体験」を実現できているという点では、MacBookに軍配があがるといえるでしょう。

  • fded573b33631da08fb7685b965e79c6.jpg

MacBookは徹底的な省電力を実現。外出先で作業をすることが多い場合、1日のワークタイムもバッテリ駆動だけでしっかり乗り切れます。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

MacとWindows思想の違いを理解しよう
ウィンドウズPCからMacへスイッチした人は、Macを使ってみてどう感じたのでしょう。Macだけしか使ったことのない人には気づきにくい、Macの良さを確認してみましょう!

<<

「今買うノートはMacかWinか?」の目次