特集 特集

関係者が見た「本当の姿」を読み解く

ティム・クック14人の証言

文●大谷和利氷川りそな松村太郎山下洋一写真●黒田彰

ティム・クックは周囲の人間にどのような影響を与え、また評価されているのだろうか。ここではアップル関係者にとどまらずさまざまな分野から、彼と関わりのあった人物たちが発したコメントを集めてみた。これらを俯瞰的に見ることで、我々の気づかなかった一面が覗けるかもしれない。

スティーブ・ジョブズ
前アップルCEO(最高経営責任者)

  • 029951e66c81af451fd1362f90b3451c.jpg

多くの人は知らないが、私がアップルに復帰して3カ月後に、最高業務責任者が辞任した。社内でも外部でも後任にふさわしい人物を見つけられなかったので、自分が代行していた。9カ月それを続けていたが、とうとう見つけたのがティム・クックだ。
WIRED(2011)/ビジネスウィーク(2004)

 

ジョナサン・アイヴ
アップルCDO(最高デザイン責任者)

  • 82dc255ed6d26ae6fa5c005a52b06c4b.jpg

(クックの時代になってアップルの革新性が失われたか?という問いに対して)正直、何も変わったとは思わない。我々がiPhoneを作っていたときも、スタッフはいつもどおりだと感じていた。我慢強くなるのは誰もが苦手だが、それはスティーブやティムにとっても同じことなんだ。もっとも重要なのは(アップルの製品価値は)今日までメンバーシップが維持されている、小さなクリエイティブチームに依存しているということだ。「製品と素材は密接につながっている」という哲学はティムになっても続いている。
The New York Times(2014)




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

ティム・クックから学ぶ明日を生きるための名言集
「名言」というと、スティーブ・ジョブズの専売特許のように思えるかもしれないが、決してそんなことはない。ティム・クックも、彼の人間性が反映された、深い言葉の数々を残している。思...

<<

「特集「Tim Cook -ティム・クック-」」の目次