アラカルト トクホン。

『時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人』書評

文●徳本昌大

読書ブロガー・徳本昌大氏がオススメする今月の1冊。仕事に、人生に、本は新たな気づきを与えてくれる。

第20回 常識外れな「スマートカット」が目的達成の秘訣

 

万難を排して最短距離で進め!

日本の教育は、根本的に間違っているかもしれません。暗記授業の弊害が長い間指摘されていますが、まだまだ日本では記憶が重視されているようです。

近年、北欧フィンランドの教育が評価されています。彼らは大きな教育改革を実施することで、一気に自国の教育レベルをアップしました。

本書の著者、シェーン・スノウは「フィンランドでは、就学年齢が他国と比べて1年遅い。1日の授業コマ数も授業時間も少ない。テストも宿題も少ない。そして子どもたちは学校が楽しいと感じていた」と指摘しています。

フィンランドでは掛け算の九九を覚える時間は無駄で、電卓やエクセルを使うことを推奨しています。算数を難しく捉えることで、算数嫌いを増やしていては意味がありません。授業時間を短くし、教師のレベルを上げ、クリエイティブな授業によって学びを楽しくすることで、子どもたちの学力を伸ばしていったのです。

アメリカの約半分の授業数にも関わらず、フィンランド式教育は成果を上げています。世の中が進化すれば、ルールは絶えず変わる。使えるプラットフォームを活用して、目標への道の最短距離を歩むことが肝心です。

本書には、このフィンランド式教育のように、短期間で成功するための「スマートカット」の鉄則がいくつも紹介されています。スマートカットとは、無駄なところに時間をかけずに賢く回避しながら、力を入れるべきところに集中し、大きな目的を達成する技のことです。著者はこのルールを知ることで、誰もが成功への階段を駆け上がれると確信しています。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧