アラカルト Mac Fan BASIC

「写真」の基本

文●中村朝美早川厚志松山茂村田有紀立体イラスト●イシカワコウイチロウ写真●黒田彰

「写真」の基本・実践・応用、トラブルシューティング、役立つTIPSや、合わせて使いたいソフトなどを丁寧に解説します。

  • 0f51245e6ec7abf68d5b807d1b6ce434.jpg

©blackzheep

 

 

iOSと親和性が高い写真管理ソフト

デジカメやスマートフォンの普及で、誰もが写真を撮る時代。撮影した写真の管理や閲覧、共有のためのソフトは欠かせません。Macでは「iPhoto」が写真閲覧・管理ソフトの標準として長らく親しまれていましたが、OS Xヨセミテからは、iPhotoの後継ソフトとして「写真」が登場しました。

「写真」とはまたストレートなネーミングですが、その名のとおりMacに取り込んだ写真のアレコレを一手に引き受ける、macOS付属の写真ソフトです。そしてiPhoneで写真を撮ったことがある人ならピンとくると思いますが、「写真」は、iOSに付属する同名のアプリととてもよく似ています。「写真」ソフトは、iPhoneで撮影した写真に最適化された「写真」アプリの、iOSからmacOSへの逆輸入版ともいえます。その特徴がよく表れているのが、写真に記録された撮影日時や場所の情報で分類する「モーメント」「コレクション」「年別」という表示方法。さらに、最新版では、イベントごとの思い出をまとめてくれる「メモリー」機能が追加されています。

最近のカメラの利用調査の結果を見ると、すべての年代でスマートフォンの利用率が高くなっていることがわかります。スマートフォンの普及やカメラ性能の向上、SNSへの共有など、ユーザが日常的に写真を撮るようになった背景を考えれば、「iPhoto」から「写真」への移行は自然な成り行きといえます。

アイクラウドを使ったシームレスな写真共有

iPhoneをメインカメラとして使用する場合、悩ましいのがMacとの写真の同期ではないでしょうか。撮影はiPhone、編集はMacという人もいるでしょう。さらに、iPhoneだけでなく、デジカメで撮った写真をいつでもどのデバイスからでも閲覧できれば完璧です。

そんなわかがままを叶えてくれるのが「アイクラウドフォトライブラリ」です。アイクラウドフォトライブラリを有効にすると、同期中のすべてのデバイスの「写真」に保存した写真がアイクラウドにアップロードされます。これにより、それぞれのデバイスから同じフォトライブラリを共有できる仕組みです。非常に便利な機能ですが、気をつけたいのはアイクラウドのストレージを消費する点です。写真のオリジナルデータをアップロードするため気軽に撮れる分、iPhoneで数多くの写真を撮影したり、デジカメで容量の大きいRAW形式で撮影しているという人は注意が必要です。

アイクラウドには、フォトライブラリのほかにも「自分のフォトストリーム」「iCloud写真共有」といった3つの写真サービスがあります。フォトライブラリはハードルが高いけど、すべてのデバイスでiPhoneの写真にアクセスしたい。そんなときは、保存数や期間に制限はありますが、ストレージを消費しない「自分のフォトストリーム」を試してみるといいでしょう。

 

 

  • 1e8d461bf7ebd1f1b0a39e1013e4d8b4.jpg

アイクラウドフォトライブラリを利用すれば、同一IDでログイン中のすべてのデバイスで、1つのライブラリを共有できるようになります。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧