Command+Eye Command+Eye

赤く染まったApp Store、寄付を開始したApple Pay

エイズ撲滅運動への取り組み 10年目のApple×(RED)

文●松村太郎

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

アップルはエイズ撲滅を掲げる(RED)との提携を拡大し、12月1日からキャンペーンを展開した。新たなPRODUCT(RED)製品の発表に加えて、自社プラットフォームを活かした多彩な寄付方法を提供。そこからアップルの変化を感じ取ることができる。

 

 

  • 36c25ff0b91b2b8b665788b92d41aee3.jpg

2016年の(RED)キャンペーンでは、アップルはアップストアでも新たな取り組みを開始した。アップストアのトップページは赤を基調とし、(RED)に賛同するアプリのアイコンも赤くなっている。

 

 

(RED)のケースが登場

アップルと(RED)の提携は、2006年の(RED)設立以来、10年目となる。(RED)は、エイズを世界から撲滅することをミッションに、世界的ロックバンド「U2」のボノが発起人となったことでも知られている。

アップルとボノとの関係は深く、2004年にはU2 iPodをリリース、そのブラックのボディと赤いホイールの意匠はiPodクラシック(Classic)まで引き継がれた。また、2014年のiPhone 6発表会にはU2が登場し、ライブを披露、新アルバムをiTunesで無償配信した。

ボノは、TEDカンファレンスなどでも、積極的に(RED)の活動をアピールしている。それによるとHIVを持って生まれてくる新生児の数は2005年の1日1200人から現在では1日に400人にまで激減し、(RED)の活動を通じて2020年までにこの数字をゼロにできるとしている。

アップルはGAPやコカ・コーラ、セールスフォース(Salesforce)などとともに、(RED)の企業サポーターでもあり、これまで、iPodのPRODUCT(RED)モデルや、赤いiPhone/iPadケースなどを製品化してきた。2016年のキャンペーンでは赤いiPhone 7向けスマートバッテリケースや、iPhone SE向けレザーケースをラインアップに加え、傘下のBeatsからも赤いヘッドフォンが登場した。

 

  • 00cb6ccb3d002e59fec904fc271f0209.jpg

iPhone 7向けに登場したスマートバッテリケース(Smart Battery Case)の新色。黒いiPhoneとの組み合わせは、U2 iPodを想起させる。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額500円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧