Command+Eye Command+Eye

電球、ドアセンサ、環境センサ、パネルヒーター…、もっと増えてもいいよね?

iPhoneで操作できるイマドキ家電!HomeKitの現状

文●松山茂

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

iOS 10では、アップルが提唱するスマート家電用プラットフォーム「ホームキット(HomeKit)」がパワーアップした。しかし、海外では対応製品が増える中、依然国内で入手・使用できるものは少ない。それでも一度体験すると、その便利さに驚くはず。「ホーム」アプリの使い方とホームキットの現状を確認してみよう。

 

  • f6fb9e247380befae8ff979051eb27a6.jpg

photo●apple.com 【URL】 http://www.apple.com/jp/ios/home/

 

 

長期停滞時期から脱却

2016年6月に開催したアップルの開発者向け会議「WWDC 2016(世界開発者会議)」の基調講演では、新しいiOS 10のバージョン番号になぞらえて、10個の新機能が紹介された。その中でも多くのユーザの興味を引いた項目が、スマート家電用のプラットフォーム「ホームキット(HomeKit)」の機能向上だ。

ホームキットが発表されたのは、2014年のWWDCと2年以上も前のこと。発表直後は、すかさず海外の5つの企業がホームキット対応を表明したが、それに続く企業や製品がなかなか現れず、長く停滞時期を過ごしてきた。「アップルのセキュリティ要件が厳しい」とか「処理時間の遅延が長すぎる」など、メーカーが対応製品を製作するうえで多くの障壁があると耳にしていたが、そのうち解決するだろうと思っていた。しかし、一向にその後の様子は伝わってこなかった。

ところが今回、プラットフォームの拡張や新しいアクセサリのサポート、フレームワークのアップデートなどが行われ、機能や使い勝手を大幅にアップして再登場したのだ。

家中の家電を一元管理

まずは、ホームキットについて簡単に復習しておこう。ホームキットはアップルが提唱する家電用のスマートプラットフォームで、iOSデバイスから家電製品などの対応機器をコントロールするものだ。ホームキットがサポートする機器は「アクセサリ」と呼ばれ、主な製品ジャンルとして照明やコンセント、センサなどがある。こうしたアクセサリのオン/オフや制御を行うのが、ホームキットの基本機能だ。これまでも、このようなスマート家電に対応した製品はさまざまなメーカーからリリースされていたが、どれもメーカーごとに制御方式がバラバラ。操作体系もそれぞれ違っていた。それらを共通の方式で一元管理しようというのが、ホームキットの主な狙いだ。

通常、スマート家電を操作するには、メーカーが用意した専用アプリを使う必要がある。当然ながら、異なるメーカーの機器をコントロールしようとすると、複数のアプリを操作しなければならない。これではお世辞にも使い勝手がいいとはいえないだろう。そこで今回、アップルがiOS 10に搭載したのが「ホーム」アプリだ。ホームキットに対応したアクセサリをホームアプリに登録すれば、同じユーザインターフェイスで管理・操作ができる。

iOS 10のアップデートでは、新たな機器もサポートされた。主な製品として、エアコンやヒータ、空気清浄機、加湿器などの空調アクセサリ、動画や静止画などを撮影するカメラ、ドアベルなどがある。ホームでは、こうしたアクセサリを単体でコントロールするだけでなく、起床や帰宅などのシーンごとにアクセサリをグループ化してオン/オフしたり、制御することも可能だ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額500円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧