Command+Eye Command+Eye

Appleお墨付きの最新ディスプレイはMac向けにチューン

新MacBook Proの最良の相棒LGの4Kディスプレイ

文●松山茂

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

新MacBookプロに搭載された「USB-C(サンダーボルト3)」ポートはこれ1つであらゆるデバイスを接続できる画期的なインターフェイスだ。それに対応した、いわばMac専用モデルともいえるディスプレイ「LG UltraFine 4K Display」がリリースされた。その魅力に迫っていこう。

 

 

  • 15563d0df22b22c45e729e7814549bf2.jpg

LG UltraFine 4K Display

【発売】LGエレクトロニクス
【価格】5万2300 円(税別)
【URL】http://www.apple.com/jp/shop/product/HKMY2J/A/lg-ultrafine-4k-display

 

 

最新ディスプレイを試す

2016年10月にリリースされた新MacBookプロ。「タッチバー(Touch bar)」という新たな操作系に注目が集まるが、インターフェイスに「USB-C(サンダーボルト3)ポート」のみを搭載している点も見逃せない。このまったく新しいポートはUSBポートとサンダーボルトポートの両方を兼ねており、形状も従来のUSB(Type A)とは異なる。それゆえに対応する周辺機器はまだ少ないのが現状だが(変換アダプタを利用すれは旧来のUSB/サンダーボルト製品は利用可)、いち早くLGエレクトロニクスから対応ディスプレイが2種類発表された。21.5インチの「LG UltraFine 4K Display」と、27インチの「LG UltraFine 5K Display」だ。それぞれアップルストアのみの取り扱いとなっており、Macとの親和性を一番に考えられた、いわばアップルお墨付きのディスプレイである。今回、21.5インチを入手したので、その使用感をレポートしていきたい。

まず、驚かされたのは本体のデザインだ。直線を取り入れたシャープなシルエットのボディには、正面ベゼルにロゴがある以外には余計な装飾が一切がなく、ボタン類も電源スイッチも見当たらない。シンプルなMacにマッチするようデザインされていることがわかる。

背面も同様にシンプルで、電源コードの接続口と4つのUSB-Cポートがあるのみ。取り付けられたディスプレイスタンドでは高さの調節と角度の変更を行うことができ、前に5度、後ろに25度傾けられるが、ピポッド(回転)には対応していない。縦置きにしたい場合には別途VESA規格対応のデスクマウントやアームなどを用意して、ディスプレイスタンドの代わりに取り付ける必要がある。その際、付属のVESAマウンタを取り付ける作業が必要だが、背面左側にあるスイッチを引くだけで付け外しができるため、作業はとても簡単だ。

BACK

  • 97f7b0137f5b55fd99a7fa8f62aadb9d.jpg

 

TOP

  • 42b1637880becfe54862219caedd3311.jpg



続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧