SPECIAL

グリーティングカードからフォトムービーまで、なんでも素早く簡単に!

【PR】Office for Macで“つくる”を楽しもう

文●小平淳一写真●黒田彰モデル●小山ひかるコーディネイト●牛嶋一成

ビジネスツールというイメージが強いOffice for Macですが、ビジネスに限らず、暮らしの中で作りたいアレコレをサポートしてくれる頼もしいツールです。Office for Macでもっと暮らしを楽しもう!

「つくる」を丸ごとカバー

Macを使って何かをつくりたいと思うタイミングは、暮らしの中で案外頻繁に登場するものです。学生ならサークルのイベントポスターやチラシ、あるいは就職のための自己PRシートだったり。大人だって、友達と開催するイベントの告知ポスターやグリーティングカード、さらには結婚式を彩るフォトムービーなどいろいろ。もちろん、家族旅行や子どものイベントなど、家族の大切な思い出も形にしておきたいものです。

そんなとき、みなさんはどんなソフトを使っていますか? いろいろな選択肢がありますが、ここで注目したいのはオフィス(Office for Mac)です。何かをつくろうと思ったとき、それぞれの用途に特化したソフトを使うという考え方もありますが、目的に合ったソフトを探すのはなかなか面倒だし、使い方をそれぞれ覚えるのも大変です。その点オフィスは、パワーポイントやワード、エクセルなど、いろいろなものがつくれる複数のツールが揃っていて、しかも基本的なインターフェイスが共通しているため操作を覚えるのも簡単です。オフィスというとビジネスソフトのイメージが強いと思いますが、プライベートの「つくる」もバッチリ手助けしてくれます。

 

Officeが活躍するのはビジネスだけじゃない!

  • 425f51feec93c82e585870e45a07600a.jpg

 

 

テンプレートが近道

また、オフィスにはテンプレートが豊富に用意されているのも大きなポイント。公式のオフィス活用サイトでは、実用的なテンプレートが2500点以上も公開されています。ビジネス文書だけでなく町内会報や旅のしおりなどジャンルも多岐に渡っていて、こうしたテンプレートを活用することで、素早く効率的につくり上げていくことができます。しかも、日本で暮らす私たちが「欲しい」と思う内容やデザインのものがしっかり揃っているのがうれしいところ。このテンプレートの圧倒的な充実ぶりは、ほかのソフトにはない強力な魅力の1つだといえるでしょう。

しかもオフィスは、ほかの人との共同編集ができるのもポイントです。例えば大学のサークルで合宿のしおりをつくり上げるときでも、クラウドストレージサービスの「ワンドライブ(OneDrive)」に保存すれば、同じ文書を分担して作業したり、内容のチェックをしあったりできます。ウィンドウズ版オフィスとの互換性もバッチリなので、やりとりの途中で崩れてしまう心配もありません。

暮らしの「つくる」を強力にサポートしてくれるオフィスを活用して、毎日をもっと楽しく彩りましょう。

 

暮らしに役立つテンプレートもいっぱい

  • fe820d0fc5144c998979e47932367c30.jpg

「楽しもう Office」にはテンプレートが2500点以上あり、季節のイベントなどジャンルも多岐にわたっています。【URL】https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/default.aspx

 

 

 

[Case 1]結婚式をフォトムービーで彩る

 

MacでもiPadでも2人の足跡を自在に編集

  • 5735225bafc523a329fcb700e3b4adb5.jpg

結婚式の出席者に2人のこれまでを紹介したい。そのためのフォトムービーづくりで役に立つのがPowerPointです。PowerPointならスライド間をつなぐトランジションが多彩に用意されているうえ、音楽だって簡単につけられ、印象的なフォトムービーに仕上がります。しかも、サブスクリプション版のOffice 365なら、iPadでもOffice Mobileを利用して文書を開けるので、ちょっとした時間を見つけて作り込んだり、会場でサッと確認することもできます。

 

使うのはPowerPoint 

  • 72e03eb2f82f334bdc427b0a086b6b64.jpg

豊富な機能をMacでもiPadでも利用できるから、いつでもどこでもつくり込みができます。

 

 

 

[Case 2]みんなで旅行のプランニング

 

みんなでワイワイ共同編集

  • daa4c92ca8716811e7c0e5053d20ed37.jpg

「どこ見て回る?」「ホテルは?」「予算も事前に確認したい」…。仲の良いみんなで旅行となると、遠慮なく次々と要望が出てくるもの。そんなイベントのプランニングに適したツールがOneNoteです。簡単なステップでノートを共有すれば友達もすぐに参加でき、お互いが書き込んだものが即座に反映されるから離れていてもプランニングがはかどります。さらに、実際の紙のように好きな場所に自由なスタイルで書き込んでいけるから、アイデアもどんどん膨らみます。

 

使うのはOneNote

  • a81b590e5d7e3863919d659cd4dff945.jpg

紙のように自由に書き込めるのがOneNoteの魅力。友達と共有して、プランを練り込んでいきましょう。

 

 

 

[Case 3]グリーティングカードも忘れずに

 

季節のあいさつをもっと楽しく手軽に

  • 4c6ff0e789756e3c91ff0d5f259420b3.jpg

年の瀬が近づくと気になってくるのが年賀状。専用ソフトを用意するのも一つの手ですが、そのためだけにソフトを買い換えるよりも、マルチに使えるWordのほうが経済的。宛名印刷にも対応しているし、そのうえ写真にエフェクトをかけたり背景を取り除いたりできるから、工夫次第で自分らしい年賀状が出来上がります。もちろんクリスマスやハロウィンなどほかのイベントにも使えるし、季節に合わせたハイクオリティなテンプレートだって公開されているのです。

 

使うのはWord

  • 35a18faa05b761995da383a8094c3166.jpg

Wordならカード表面のデザインはもちろん、宛名印刷だってバッチリです。

 

 

 

[Case 4]家計簿で家計をチェック

 

わかりやすい収支グラフを家族みんなでチェック

  • 952fcbe139796372182ad95016093f61.jpg

独身の人も、家庭を持っている人も、家の収支を把握するのは大切なこと。最初はざっくりでもいいので、どんな出費があるのかをまとめてみましょう。そうした収支の集計にピッタリなのがExcel。毎月/毎年のデータを1カ所でまとめて管理できるし、データを並べ替えたり条件で抽出したりといったことも自由自在です。さらに夫婦で家計簿を共有すれば、iPhoneユーザの奥様が外出先からチェックしたり、入力したりといったことまで可能になります。

 

使うのはExcel

  • 173f87a7141036daae790dabe91632dc.jpg

収支をわかりやすく視覚化できるので、家計の見通しもスッキリクリアになります。

 

 

複数のデバイスで使うならOffice 365がオススメ

Office for Macを使う方法は、大きく分けて2種類あります。1つは永続版の製品を購入する方法。一度購入すればあとは気にせず使い続けられるのがメリットです。

もう1つは、サブスクリプション版のOffice 365を購入する方法。1年または1カ月毎に契約を更新するプランで、常に最新のバージョンをMacとWindowsの両方(合わせて2台まで)にインストールできるほか、iPadやiPhoneではOffice Mobileのすべての機能が利用でき、さらに1TBのOneDriveストレージも利用可能です。いくつかプランがありますが、個人で使うならOffice 365 Soloがオススメです。

Office 365 Solo

【価格】1万1800円/年(参考小売価格)
[利用可能ソフト] Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher(Windows)、Access(Windows)

 

Office Home & Student 2016 for Mac

【価格】2万3800円(参考小売価格)
[利用可能ソフト] Word、Excel、PowerPoint、OneNote

 

Office Home & Business 2016 for Mac

【価格】3万4800円(参考小売価格)
[利用可能ソフト] Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook

 

Office for Mac製品情報に関する詳細はこちら

 

企画協力:日本マイクロソフト株式会社

 

 

ce5c787187bd4ddca07b08b630.jpg

Office for Macで一歩先行く仕事術