アラカルト 明日のマナビ

Vol.4 ソビーゴ

文●山田井ユウキ

子どもの自由な発想力を育む5歳からのプログラミング教材

まずブロックを使って遊び、それからiPadでプログラミング

  • b78e248ac61e5662b201668d77c0a379.jpg

diablock@KAWADA

ソビーゴ

【発売】株式会社ワイズインテグレーション
【価格】9800円(税抜)予定
【URL】http://wise-int.co.jp/sovigo/
【備考】2016年12月より教育機関へ導入開始予定

記号化されたコマンドをデザインしたブロックを用いて、視覚的にプログラムを組み上げることができるICT教材「ソビーゴ」。カワダ製のダイヤブロックを使用している。iPadアプリでも同じデザインのブロックが用意されているため、アナログからデジタルへの移行がスムースに行える。

 

「これからの教育にはプログラミングが必要だ」。そんな信念から生まれたプログラミング体験教材が「ソビーゴ」だ。対象年齢は5歳からと、同種の製品に比べてかなり早い。

ソビーゴの遊び方は2段階に分かれている。矢印、三角などの図形、うさぎ、亀など動物の絵が描かれたブロックを使う体験が第1段階。そして、iPadで専用アプリを使う第2段階である。最初にブロックから入るのは、「いきなりiPadでプログラミングというのは難しいが、ブロックで遊ぼうというと子どもが興味を持ってくれる」(宮澤氏)からだという。

ブロックに描かれた図形や動物の絵は、それ自体がプログラミングのコマンド(命令)を表現しており、「矢印」はキャラクターの移動、うさぎは「速く動く」、亀は「遅く動く」といった意味となる。ブロックを好きなようにつなげることで、プログラミングを擬似的に再現している。コマンドとなるブロックをつなげ終わったら、プログラムでいうところの「実行」を表す「横向きの三角」の絵柄のブロックを重ねて完成だ。つなげたブロックのとおりにキャラクターを動かすことで、「命令どおりに実行される」「命令以外のことは実行されない」というプログラミングの基礎概念が学べる。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧