特集 特集

アナログレコード復権の波に乗れ!

いちから知りたい!Macでレコード録音~ 高音質化の最善手 ~

文●中村朝美写真●黒田彰

CDの全盛が過ぎ、音楽はデジタルの時代に突入。そんな中、時代に逆行するようにアナログレコードの人気が復活してきています。欧米はもちろん、日本でもアナログレコードの売り上げ、生産量が急増。各メーカーもこぞって新しいレコードプレーヤを発売しています。これに伴って、レコードをMacに取り込みiTunesやiOSデバイスで聴きたいというニーズも高まってきました。そこで、本記事ではアナログレコードの基本からデジタル録音の方法を解説し、さらにはハイレゾ録音可能なプレーヤを紹介します。

  • 76149b276bc4cfbdb62e3827934d0a7d.jpg

 

 

レコードブームが止まらない

「アナログレコード復権」。そう断言できるほどの勢いが、たしかにあります。2009年に底を打ったアナログレコードの売り上げはそこから回復し、2015年には66万2000枚を記録。2009年と比べ6倍もの成長を遂げていることがそれを証明します。また、ポップカルチャーのアーティストがアナログ盤を発売し始めることなどで、若者がレコードに注目し始めたという向きもあり、実際にHMVが東京・渋谷にレコード専門店を出店するなど、単なる懐古趣味のブームにはとどまらない勢いを感じます。

もちろん、今の時代のメイン潮流がデジタル音源になっていることは否定できません。しかし、近年のハイレゾへのシフトによりアナログレコードが再び脚光を浴び始めているのです。ハイレゾ対応のアンプやスピーカを使えば、アナログレコードのポテンシャルを存分に引き出せるからです。

しかし、アナログレコードにはなんといっても持ち運べないという弱点があります。そこで、アナログレコードをデジタル化して、iPhoneやウォークマンで聴きたいというニーズも自然の流れでしょう。最近では、アナログレコードをハイレゾ録音してデジタル化できるソニーのレコードプレーヤ「PS-HX500」などが注目されるなど、業界全体が盛り上がっています。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

「再発見されるレコードの良さ●いちから知りたい!Macでレコード録音」の目次