Command+Eye

アップルミュージックが米Dubsetとの提携を発表

音楽配信サービスの主導権を奪うApple Musicの意欲的な進化

文●氷川りそな

突如アップルとの提携発表を行った米ダブセット社(Dubset Media Holdings)の「ミックスバンク(MixBANK)」は、アップルミュージックの優位性をさらに推し進める可能性を持ったサービスだ。今回の提携に限らず、アップルミュージックはここ数カ月で意欲的に機能拡張を続けている。

「リミックス」が持つ問題

アップルから発表された新たなニュースは、音楽業界に新しい可能性をもたらすものとして注目を集めている。アップルミュージックと音楽関連サービスを手掛ける米ベンチャー企業「ダブセット(Dubset Media Holdings)」がパートナーシップを結ぶことが、2016年3月にテキサス州・オースティンで開催されたクリエイティブとビジネスをつなぐ大規模なイベント「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」で発表された。

この発表の価値を理解するには、近年の音楽シーンを振り返る必要がある。まず、2000年代に入ってからクラブなどを中心に急速にその地位を高めているジャンルの1つに、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の存在がある。日本でも「ウルトラジャパン(ULTRA JAPAN)」や「エレクトロックス(electrox)」などの大規模なイベントが開催されるなど、その人気はまさに音楽シーンでもっともホットな分野の1つだ。

「その場にいるオーディエンスを踊らせる」という目的に特化したEDMは、DJを中心に広まっているが、その多くが複数の楽曲を組み合わせていく「リミックス(もしくはマッシュアップ)」と呼ばれる手法で制作されている。既存の楽曲を組み合わせることで新しい表現へと発展させていくリミックスは、DJソフトウェアの進化とともにプロアマ問わず誰でも気軽に始められるようになり、その作品数は爆発的に増え続けている。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧